2015年08月28日

日本維新の党の行く末

日本維新の党から、創始者である橋下・松井の両氏が
離党いたしました。

えっ、と一瞬驚いたものの、ずっと以前からそれらし
い結末が予想できていたように思います。



太陽との合併のときもそうでしたが、今の維新には大阪
勢力のほうが少なくて、橋下氏の思惑がそのまま反映し
ずらい組織となっています。

柿沢幹事長が山形市長選挙で共産党候補の応援をしたな
どというくらいで騒ぎ、幹事長を罷免しないからと自ら
が離党するなんて、少し大げさな気がするのです。



おそらく、大阪都構想に破れ、党内での主導権も元民主
の連中に握られてしまっては、居場所がなくなってしまっ
たのではないでしょうか。

しかも、政界からの引退を宣言していることですし、国政
選挙に立候補できないとすれば、大阪勢力の巻き返しは
ほぼ不可能でしょう。



となると、民主と結いからの移民が中心となり、民主と
ほぼ同じになるわけですが、元社民がいないだけ保守的
といえるのかもしれません。

ともあれ、来年の衆参ダブル選挙までにはもうひとつ大
きな波があるでしょう。

このまま黙っている橋下氏とは思えませんからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本維新の党
posted by 子竜 螢 at 18:16| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする