2015年09月30日

日本人二人がスパイ容疑

中国のスパイ活動防止法に触れたとして、日本人二人
が5月に身柄を拘束されていたことが判明しました。

菅官房長官も記者会見で認めましたが、ほとんどの質
問に明確な回答はありませんでした。



二人の日本人とは民間人なのか、それとも政府関係の
者なのか、菅官房長官は素性を濁しましたね。

まさか本当にスパイを送り込んだとは思いませんが、
なにやら訝しさが漂う話です。

一人は軍事施設の周辺で拘束されたようですが、そも
そも日本から他国へ軍事情報を目的にスパイを派遣す
るなど有り得ない話です。

なぜなら、同盟国のアメリカから情報を入手したほう
が早くて正確でしょうからね。



としますと、日本に対する威嚇の意味を込めた見せし
め拘束なのでしょう。

仮に、どちらか一人でも自衛隊員だとしても、基地の
中へ潜入したわけではありません。

あきらかに行きすぎな拘束です。

自衛隊員の中国人妻を使った中国のスパイ活動こそ、
非難されるべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:中国
posted by 子竜 螢 at 22:03| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

やっぱりできなかった

ハーバード大学の研究チームに加えて世界中の著名
な技術者たちが、STAP細胞の生成に取り組みま
した。

小保方晴子氏などの会見で、成否まではよくわから
なかったモヤモヤに、ようやく結論が下されたので
す。



発表された結論としては、ES細胞の混入でした。

つまり、STAPというものは存在しなかったわけ
ですね。

チームは130回以上も生成にチャレンジしたものの
一度も成功しておらず、この結論に至ったという。



では、何者がES細胞を混入させたのか、という疑問
が残るわけですが、存在しないとわかった以上は追求
しても意味のないことのように思えます。

もっとも、税金が投入されているのですから、今後は
厳重な規律と良心をもって理研は研究を続けなくては
なりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 18:07| Comment(2) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

マイナンバー制度の問題点

いよいよ10月からマイナンバー制度がスタートするわけ
ですが、セキュリティの問題を別としても、さまざまな
点で不都合が出ると思われます。

脱税が発覚するのを恐れるのは論外としても、生活保護
の不正受給の摘発には効果がありそうです。



しかし、社会問題化しそうな点として、企業の副業規定
というものがあります。

勤務時間外に他の企業に雇用されることを禁止している
社内規則ですね。

マイナンバー制度が実施されますと、アルバイトをして
いるのが完全にバレます。年末調整時に社会保険料の額
や納税額が違ってくるからです。



調べてみますと、こういう社内規則は法律で禁止されて
いるわけではありませんが、余暇の過ごし方にまで企業
が口を出すべきではないと考えられます。

なぜなら、勤務時間外に起きたことにも企業が責任を持
つわけではないからです。

すなわち、マイナンバー制度のスタートで、山ほどの訴
訟になるかもしれないのです。生活のためにやむなく夜
にアルバイトをしなくてはならない人がいますからね。



というわけで、労働基準法を改正して、副業禁止を禁止
しなくてはならないでしょう。

それが唯一の現実的な解決方法だと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:12| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

国勢調査のネット回答率

国勢調査のネットによる都道府県別回答率が発表
されました。

それによりますと、我が富山県は第二位で、45.7
パーセントでした。



トップの滋賀県が48.4パーセントで、それでも過半
数に届いていないのが意外でしたね。

ほんの10分足らずで回答できますし、調査員の方が
何度も尋ねてくるのが煩わしくないのでしょうか。

ちなみに、富山県の次の第三位は岐阜県で、次に僅差
で愛知県が続いております。

最下位は沖縄県の22パーセント強でして、他が30代
を記録している中でダントツに低い割合でした。



まあ、この数字だけで何かを語る資格はありませんが
調査員の方の苦労を考えますと、ネット回答のほうが
多くなればいいと思います。

なにしろ、オートロックのマンションには入れなかっ
たり、怖そうな番犬がいたり、あの豪雨の中でも巡回
説明をしていたわけですからね。

次回の五年後に期待しましょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:国勢調査
posted by 子竜 螢 at 18:12| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

新アベノミクス

安保法制の採決で政治問題がひと段落したかと思えば
安部総理が、新アベノミクス、なる経済政策を打ち出
しました。

以前のアベノミクス三本の矢が失速してしまったから
でしょうか。このタイミングで打ち出した司会がよく
わかりませんね。



国民が真に望んでいるのは、安保法制ではなくて経済
政策でした。

インフレ率も前月比でマイナスを記録するなど、デフレ
に戻った感があります。

しかし、アベノミクスにおける想定外は、原油安でした。

すべての物価の基調となる原油価格が下落したために、
毎年2パーセントの物価上昇目標が達成できなくなって
しまったのです。



新しいアベノミクスは、日本のGDPを今の490兆円から
600兆円にしようというものです。

が、方法論は示されず、具体的な期限も不明なことから、
早くも批判が集中しております。

人口減に転じた国がGDPを20パーセントも押し上げるに
は、よほどの政策じゃないと実現不可能でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:23| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

共産党の国民連合政府提案

安保法案の可決を受けてか、共産党の志位委員長が国民
連合政府なるものを提案しました。

野党の中にあって常に単独で活動していた共産党として
は珍しい提案なのですが、他の野党の反応は今ひとつと
いった感じですね。



昨年末の衆議院選挙でいいますと、自民党の得票よりも
野党の得票のほうが多かった。

しかし、小選挙区制のため、自民党の議席のほうが圧倒
的に多くなり、たしかに民意が反映されていない状態と
いえるかもしれません。

そこで共産党が提唱したのが、野党すべてが団結しての
選挙対策というわけです。



この提案には、別の側面が考えられて、なかなか面白い
と思うのです。

なぜなら、民主党の左派などが共産党へ流れて、右派が
他の野党と結束することにでもなれば、政権交代可能な
野党として生まれ変われるからです。

一度連合政府なるものにまとまって、右派だけが抜けて
新党を立ち上げますと可能となります。

この新党にはかなりの支持者が集まるでしょうね。



とはいえ、橋下氏あたりの提唱ならともかく、共産党の
提唱では最初の一歩が踏み出せないかもしれません。

かつての民主党政権のように雑多な考えが集まるのでは
国民の期待も薄いでしょう。

提唱はただのパフォーマンスじゃないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:国民連合政府
posted by 子竜 螢 at 20:30| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

タバコ1000円論議が再び

なぜかいつも、大きな争点となる法案の陰に隠れてタバコ
税の増税論議がなされますね。

庶民としましては、タバコ税と酒税はむしろ下げていただ
きたいほどなのです。



国民の健康のために増税なんて論理は、そもそも間違って
います。販売禁止にすべきでしょう。

諸外国のタバコが1000円以上だからといって、日本もとい
うのは安直な考えですね。なぜタバコ税だけ同じにしよう
というのでしょうか。



国内のいたるところで分煙や禁煙が進み、喫煙者が非喫煙者
に迷惑を掛ける場面は少なくなっております。

喫煙者が多いと医療費負担が多くなるという理由ももっとも
らしく聞こえるのですが、全体的な観点からしますと、部分
しか見ていませんね。

国民の平均寿命が延びているからこそ、医療費負担や年金や
生活保護費が増大しているのではありませんか。



仮に、喫煙者全員が禁煙しますと、不足する税収のための増
税がどこかで行なわれます。

これまでタバコを吸わなかった人にも増税されるのです。

旧国鉄の赤字補填にもタバコ税の一部が充てられています。

国民全体で補うべきものを喫煙者だけで負担しているのです
が、これも他のことで増税するしかなくなりますから嫌煙
運動をしている人は増税になっても構わないのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:タバコ税
posted by 子竜 螢 at 10:10| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

ロシアの気になる動き

いつの間にやら、ロシア空軍がシリア国内の空港に集結
していたようで、名目こそアサド政権の軍事顧問団など
と称しています。

しかし、配備された航空兵力は一個旅団に相当するもの
で、周辺に展開しているNATO軍との衝突が懸念され
ております。



アメリカを中心とした多国籍軍は、シリア内戦はもちろん
視野に入れつつISに対する空爆を行なっています。

大勢の難民が行き先を求めている一方で、ロシア軍は中東
の一角に地盤を築こうとしているわけです。

ロシア空軍の攻撃目標は、表向きにはISとしているよう
ですが、本当のところはシリアの反政府勢力ではないかと
思われます。



少しややこしいのですが、アサド政権に反発している反政
府勢力はISとも戦っておりまして、アメリカなどの多国
籍軍のISへの空爆が反政府勢力への支援になっているの
です。

つまり、ロシア軍と多国籍軍は、間接的に敵同士となり、
いつかは軍事衝突に発展するかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:イスラム国
posted by 子竜 螢 at 23:51| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

8割の人が反対なわけではない

先日可決された安全保障法案ですが、各紙の世論調査
で8割の人が説明不足や審議不充分と感じているという。

まあ、そうなのでしょうね。大半の人は法案に自分で
目を通すようなことはせずに、新聞の見出しなどで判
断しますから、マスコミの誘導に騙されるわけです。

法案に書いてない徴兵制度や戦争可能になるなどの文言
が独り歩きをしておりました。



いかにも8割の人が反対しているように書いていますが
反対しているわけではないでしょう。説明不足と審議の
不足を感じているだけなのです。

法案への賛否を問うアンケートじゃありませんからね。



で、賛否を問うアンケートですと、半分強の人がたしか
に反対しています。

しかし、法案の中身そまものにではなくて、憲法を改正
しないままの法案審議に反対している人を除けば、半分
以下となるでしょう。

集団的自衛権は国連でも認められている各国の権利です
し、今まで行使できない国は日本とコスタリカのみ。

それでも大多数の国は戦争などとは無縁です。



また、国会では自公の数が圧倒的なのですから、法案は
どんなに反対しても可決します。

それが民主主義だからです。

日本の将来を決定するのはデモでもマスコミの誘導記事
でもなく、国民一人ひとりが自分の目でマニフェストを
精査した上で投票するしかありません。

今回の法案に反対した人が自公に投票していたのなら、
政治家を責めるよりもご自身の反省が先でしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:安全保障法案
posted by 子竜 螢 at 21:19| Comment(7) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

敬老の日

敬老の日です。

9月15日という固定日から流動的になって久しいので
すが、秋分の日までが連休となりまして、5月の連休
に対応したシルバーウィークという呼称が定着しまし
た。

敬老の日も含んでいる連休ですので、まさにピッタリ
ですね。



ところで、敬老の日に敬われる老人とは何歳からで
しょうか。

昔は年金受給者、すなわち60歳以上だったと思いますが
今は65歳でしょうかね。

でも、60代の人が今日も働いていて、若者たちが休み
というのは、なんだか腑に落ちません。

まだ働ける老人は、年金だけでは食っていけないので、
働くしかないような社会になっています。



よく、富の多くが老人に偏っている、といわれておりま
すが、そうじゃない老人も大勢います。

親の介護に明け暮れてきた人や、会社の倒産からずっと
パート仕事にしかありつけなかった人、若い頃に病気が
ちだった人など、本人の責任以外のところに翻弄されて
きた老人も多いのです。

それでも生活保護を受けるのではなく、働ける間は働く
姿勢を貫いています。金持ち老人のために年金を払うな
どという誤解はしないでいただきたいのです。

まして、本人たちも年金を掛けてきたのですからね。
制度として順送りになっているだけで、今の老人たちが
悪いわけではありません。



たくさんの子供を産み育てなかったから招いた少子化で
すが、それは若者たちにも当てはまることでしょう。

今の若者たちが60歳を超えたときには、どんな世の中に
なっているのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:敬老の日
posted by 子竜 螢 at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

中国バブルの危険度

イギリスの新聞が、中国は経済を日本から学ぶべし、と
バブルの崩壊に直面した際のアドバイスを掲げています。

たしかに日本もバブル崩壊を経験したわけですが、根本
的な違いがあって、おそらく日本の事例を参考にしたと
しても悲劇は免れないでしょう。



日本と中国のバブル崩壊の過程に、そもそもの違いがあ
ります。

中国のバブルを生んだのは政府主導の不動産投資や株式
投資にあったわけで、日本の場合、政府はバブル崩壊を
必死に食い止めようとしていたのでした。

つまり、政府が主導してバブルを生んだ中国では、崩壊
後の対策は政府に依存できないということです。



すなわち、一党独裁が続いているため、人々は政治や経
済のことを自ら考える習慣がなく、そういう教育も受け
てはおりません。

今もバブル崩壊のさなかではありますが、中国経済が目
に見える形で崩落してゆくとき、何億人もが路頭に迷う
こととなりそうなのです。

おそらく、臨時の軍事政権が誕生するかもしれません。
そういう混乱状態を一気に沈静できるのは軍隊しかあり
ませんからね。

中国が今以上に軍事色の強い国になったとき、日本はど
う対処すべきなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:中国バブル
posted by 子竜 螢 at 22:08| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

これからが大変な安保法

安全保障法案が参議院本会議で可決されました。

すなわち、集団的自衛権が憲法解釈の勝手な変更のみで
行使できるようになったのですが、だからといって、す
んなりと事が運ぶわけではありません。



いますぐに集団的自衛権を行使する場面が訪れるわけで
はありませんが、実際に運用できるまでには、法的な障
害がいくつも残っております。

まず、市民団体等による裁判所への違憲審査請求ですね。

おそらく全国各地の地方裁判所すべてに持ち込まれそう
ですので、違憲判決もそれなりの数になるでしょう。

また、一票の格差問題の観点から、今国会が違憲状態と
の判決もありますから、今国会で決めたことの有効性が
問われます。

労働者派遣法の改正案も含まれますので、こちらの審査
のほうが主流になるかもしれません。



とにかく、野党議員の質問にちゃんと答えられなかった
防衛大臣などの責任は重く、その原因は無理な憲法解釈
の変更にあるとすれば、やはり改憲の動議が先でなくて
はならなかったでしょう。

いや、完璧を期すならば、議員定数の削減も果たし一票
の格差を是正した上で論議すべき議案でした。



それにしても、政権時代に集団的自衛権を容認していた
民主党がなぜここまで反対したのか、理解に苦しみます
ね。共産党と共闘の姿勢を示してまでもです。

女性議員へのセクハラ暴行に対するコメントもなく、野
党第一党としての責任と立場も今後問われることになる
と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:安全保障法案
posted by 子竜 螢 at 20:47| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

乱闘と牛歩

凄まじい光景でしたね。ニュース映像が流れた瞬間
には、どこの国の国会なのかと疑ってしまいました。

乱闘に牛歩。

紛糾する国会ではいつものことのようですが、今回
は少し事情が違っております。



まず、採決の際の牛歩戦術は、大勢でやるから効果が
期待できるものでして、山本太郎議員が一人だけでし
たから、投票の制限時間を2分にされてアウトでした。

一方、委員長席の周囲に詰め寄った議員たちの間では
つかみ合いや叩き合いに近い暴力沙汰になったのをは
じめ、委員長席から離れているところでも自民党の女
性議員が民主党の男性議員にセクハラ暴力を受けて、
指を負傷する事件まで発生しました。



デモの記事でも述べましたが、民主主義の根源は選挙
であって、示威行動や実力阻止は民主主義ではありま
せん。

そんなことが許されるなら、柔ちゃんか猪木氏が総理
になってしまいますからね。



おそらく、来年夏には衆参のダブル選挙となるでしょう。

野党が本気で法案に反対しているなら、むしろ支持率の
上がる行動をして、政権奪取に向かうべきです。

その上で、一旦は成立した法律を破棄すればいい。

安保法案は、今夜遅くに参議院本会議で採決される予定
です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:安保法案
posted by 子竜 螢 at 20:13| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

デモが民主主義だなんて

国会議事堂や首相官邸の前でデモを行なう人々への賞賛
記事がありましたね。

デモそのものを否定するつもりはありませんが、これぞ
民主主義、と謳っているのは間違いだろうと思います。



民主主義ではなくて、言論の自由でしょう。

いや、

デモを、デモクラシーの略だと勘違いしているのかもし
れませんね。

デモとは、デモンストレーションの略なのです。



そもそも、本当の民主主義は、間違った政策を行なった
政治家と政党を次の選挙で落とすことでしょう。

デモのような示威運動は、なにやら途上国の暴動のよう
な前時代的な行為に見えてしまいます。

これは安保法案に賛成か否かとは別問題ですよ。デモ
というものに対するあくまでも一般論です。



話を安保法案のデモに戻しますと、

戦争法案だの徴兵制度だのとデモしている人たちの理解
力に疑問を感じます。

安保法案って、ただ現状に合わせようとしているだけ。

憲法も自衛隊法も、ずっと昔に制定されたものなので、
集団的自衛権の問題はさほど重要視されていなかった
から、やっと今になって法案として出されただけです。

つまり、現状以上の徴兵制殿復活とか、先制攻撃をでき
るようにするなどといった話ではありません。



とはいえ、憲法を改正しないままの法案には反対ですね。

時々の政権ごとに憲法解釈が変わるようではいけません。

デモをするなら、戦争法案だとか徴兵制度だとか安部総理
が述べてもいないことを叫ぶよりも、憲法解釈を変えるな、
ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:安保法案
posted by 子竜 螢 at 09:44| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

新しい国家資格

アカポ法案のドロドロした議論に隠れる形で、新しい
国家資格に関する法律が可決されました、

阿多背しい国家資格とは、公認心理士というものです。
いわゆるカウンセラーですね。



受験資格は大学院の専門課程を修了した者といいますの
で、かなりハードルが高く、民間人が転職しようとして
も無理でしょう。

それに、大学院卒業時はまだ20代という若さですので、
人生経験の豊かさが求められるカウンセラーとしては
どうだろうかという疑問も感じます。

特定の業務に一定期間就いている者にも受験資格が与え
られるとなっておりますが、大学院終了者の受験が前提
のレベルですから、高合格率は望めないでしょう。

仕事の成果がよくわからない専門職となるだけに、どれ
くらいの人数が最初に受験して、どれほどが合格するの
でしょうか。



しかし、一方では、学校のイジメ問題や夫婦間のDVな
ど、カウンセリングの専門家を必要としています。

現在の民間資格の乱立状況の中には、怪しげなものもあ
りますから、国家資格にする自体は賛成ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:公認心理士
posted by 子竜 螢 at 20:15| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

国勢調査のネット回答

先日、国勢調査の調査員が尋ねてきて、ネット回答の
用紙を手渡されました。

5年前までの煩わしさを知っていたため、暇なときにと
放置していたのですが、今朝回答してみますと、意外
なほどに簡単なので驚きです。



以前は収入額などまで記入しなければならず、調査員
に知られるのが嫌だなと思ったものでした。

しかし、今回からネット回答ができるようになったこ
ともあって、内容が調査員に知られずに済みます。



面倒なのは、最初にIDとパスワードを入力する作業
だけでして、ログインしてしまうと、設問はたった
14項目ですし、10分もあれば完了します。

マイナンバー制度がすべての分野で完全に機能すれば
国勢調査そのものが不要になるのでしょうね。

かといって当調査にもセキュリティの問題はつきまと
います。

くれぐれも怪しげな電話やメールには注意が必要です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:国勢調査
posted by 子竜 螢 at 10:33| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

学習塾講師の国家認定制度

またまた官僚さんたちから怪しげな提案が流れてきま
したね。学習塾の講師を国家認定にしたいらしい。

しかも、なぜか文部科学省ではなくて厚生労働省なの
ですから驚きます。



現在は、業界団体が1から3級の認定を自主的に行なっ
ておりまして、何の問題も生じておりません。

なのに、役所が絡みますと天下り先が増えるとか、認定
料が必要になったりなど、本来不必要なものが増える
だけですね。



一方で、子供を持つ親としては、国家が認定した講師に
教えてもらうと安心かもしれません。

でも、それは杞憂というものです。

なぜかと申しますと、多少の難があっても解雇されない
学校の教師とは違って、学習塾は受験の合格率や成績の
向上などで鶴に淘汰される運命にあります。

つまり、ダメな講師や学習塾そのものが自然消滅するの
です。



なので、国家認定など無用でしょう。

仕事にかかわる真の免許とか資格というものは、国家か
らもらうのではなく、お客様からいただくものなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:学習塾
posted by 子竜 螢 at 20:21| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

自己責任

選挙権が18から与えられることになったのをきっかけに
飲酒と喫煙も18歳から許可すべきとの意見が出ています。

ネット上での意見は賛否が分かれているようでして、なか
なか難しい問題かと思います。



反対している人たちの意見としては、選挙権と成人年齢
とは別ものと考えているようでして、少年法との絡みも
ふまえた慎重論というところでしょうか。

一方、賛成する人の多くは、すでに社会人の18歳が飲酒
していることや、喫煙の経験など、現実に合わせること
なので容認する姿勢ですね。

また、2年早めることでの健康面での問題は、データがな
いのでなんともいえない部分でしょう。



ただ、飲酒も喫煙も、年齢を下げますと景気の下支えに
は若干なりそうな気がします。

とくに飲酒では、街の繁華街に少しは客が増えますし、
喫煙では自治体の財政が少しなりとも潤います。

かといって、賛成しているのではなくて、あくまでも
本人の自己責任でしょう。

法律で許可されたからといって必ず飲酒や喫煙をする
必要などないわけでして、政治家を選ぶ判断ができる
ほどなら、自己責任の重みも理解できるでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:成人年齢
posted by 子竜 螢 at 18:49| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

国連総会で異変

11日に開かれた国連総会で、ちょっとした異変が起き
ました。事務総長を選ぶ際の方針と制度の改革です。

先ごろ中国の抗日行事に参加した現韓国人の事務総長
を批判するがごとき、次回からは公平性を保てる人物
をとの決議が採択されました。



そして、現在は安保理五カ国の推薦した人物から選任
されるだけでしたが、加盟国全193カ国からも推薦で
きるようになり、初の女性事務総長誕生の期待も含ま
れています。

これは、ちょっとした異変じゃないかもしれません。

安保理五カ国の優位性を削る話でもありまして、国連
が少しずつ真の国際団体へと成長している証でしょう。



もっとも、日本はまだ敵国条項によって不名誉な扱い
をされています。

ならば、敵国条項の削除を求めて分担金の不払いを主
張してもよいのではないかと思うのです。

あるいは、戦勝国ではない中国が安保理の常任委員と
なっていることに対する間違いの是正を求めてもいい
のではないかと考えます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:国連総会
posted by 子竜 螢 at 19:37| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

尖閣国有化から3年

尖閣諸島は五つの島とふたつの岩礁の総称です。

現在は海上保安庁が管理をしていて、魚釣島の灯台
も定期的にメンテナンスされているようです。



ただし、海上保安庁の職員が常駐しているわけでは
ありませんので、領土という概念からはやや遠い印
象しかありません。

中国を必要以上に刺激したくないからでしょうけれど
職員の常駐がなくては、やはりただの無人諸島でしか
ありません。

日本の領土だという主張が弱いものになっているので
はないでしょうか。



尖閣諸島が国有化されてから、ちょうど3年になります。

正確にいいますと、私有地だった3島が国有化されて、
諸島のすべてが国有地になってから3年が経過しました。

今でこそ中国船の接近などの報道はありませんが、国有
化当初の騒ぎは大変なものでした。

しかし、中国がこのまま大人しくしているとも思えませ
んね。何かの未然の対策は必要でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 20:49| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする