2015年09月06日

マイナンバーは本当に実施するのか

10月からスタートすることになっているマイナンバー制度
ですが、実施がかなり危ぶまれております。

というのも、自治体のセキュリティーレベルがまだまだお
粗末だからでして、年金情報の流出問題以上に危惧されて
いる部分でもあります。



どんなにシステム的なセキュリティーを厳重にしてみたと
ころで、データを自宅へ持ち帰って仕事をする公務員がい
るでしょう。

当然禁止されるはずなのですが、禁止されていたり義務化
されていることをやっていないせいで流出事件が起きてい
るのですから、信用なりません。

しかも、自治体の多くではまだXPのパソコンが多く使われ
ており、こういう状況下でのスタートは時期尚早ではない
かと思うのです。



そもそも、あれだけ野党が反対していた国民背番号制度な
のに、いつの間に実施が決まったのでしょうか。

今の安保法制ほどの大きな議論にもならず、記憶にありま
せんの実施決定でした。

適用範囲を広げれば広げるほど安全ではなくなりますし、
情報を流出させた際の公務員への罰則も軽すぎます。

また、中国などからのサイバー攻撃に耐えられるのかどう
かの不安もありますね。



10月5日から国民へ個人ナンバーを知らせる通知の配送が
始まりますが、年内の配達完了は無理だと日本郵便も言っ
ておるようです。

果たして、本当に実施するのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:18| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする