2015年09月09日

驚くべき軽減税率の還付方法

先日の記事で消費税が10パーセントに上げられた際の
軽減税率率の還付について述べました。

財務省の案なのですが、詳しいことを調べてみますと
驚くべき方法での還付となっております。



まず、酒類を除く食品には2パーセント分が還付される
のですが、上限があって、20万円の購入に対して4千円
が還付されます。

しかし、購入時にマイナンバーカードを提示する必要が
あり、販売店ではカードリーダーにて消費の事実を蓄積
することになります。



問題なのは明白ですね。

期限があって更新料が必要なマイナンバーカードをわざわ
ざ作らなければならず、紛失や盗難に怯えなくてはならな
いのです。

また、町の小さな八百屋さんや魚屋さんにもカードリーダー
端末の導入が必要となり、財務省とネットワークしなくては
なりません。

そして、還付されるのが年間最大4000円です。



1人あたり4000円を多いと見るか少ないと見るかで意見は
分かれるでしょうけれど、面倒な上に情報漏えいの危険性
もあります。

店頭で10か8かを分けて陳列されているほうが店側も楽で
しょう。

マイナンバー制度を無理やり浸透させようという意図が
見え隠れしていますよね。



まあ、小学生に考えさせても、こんな面倒な方法にはなら
ないと思います。

所得と家族人数に合わせて生活支援金などの名目で給付を
すればよいだけの話だと思いますがね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 23:36| Comment(2) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする