2015年09月16日

新しい国家資格

アカポ法案のドロドロした議論に隠れる形で、新しい
国家資格に関する法律が可決されました、

阿多背しい国家資格とは、公認心理士というものです。
いわゆるカウンセラーですね。



受験資格は大学院の専門課程を修了した者といいますの
で、かなりハードルが高く、民間人が転職しようとして
も無理でしょう。

それに、大学院卒業時はまだ20代という若さですので、
人生経験の豊かさが求められるカウンセラーとしては
どうだろうかという疑問も感じます。

特定の業務に一定期間就いている者にも受験資格が与え
られるとなっておりますが、大学院終了者の受験が前提
のレベルですから、高合格率は望めないでしょう。

仕事の成果がよくわからない専門職となるだけに、どれ
くらいの人数が最初に受験して、どれほどが合格するの
でしょうか。



しかし、一方では、学校のイジメ問題や夫婦間のDVな
ど、カウンセリングの専門家を必要としています。

現在の民間資格の乱立状況の中には、怪しげなものもあ
りますから、国家資格にする自体は賛成ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:公認心理士
posted by 子竜 螢 at 20:15| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。