2015年09月18日

乱闘と牛歩

凄まじい光景でしたね。ニュース映像が流れた瞬間
には、どこの国の国会なのかと疑ってしまいました。

乱闘に牛歩。

紛糾する国会ではいつものことのようですが、今回
は少し事情が違っております。



まず、採決の際の牛歩戦術は、大勢でやるから効果が
期待できるものでして、山本太郎議員が一人だけでし
たから、投票の制限時間を2分にされてアウトでした。

一方、委員長席の周囲に詰め寄った議員たちの間では
つかみ合いや叩き合いに近い暴力沙汰になったのをは
じめ、委員長席から離れているところでも自民党の女
性議員が民主党の男性議員にセクハラ暴力を受けて、
指を負傷する事件まで発生しました。



デモの記事でも述べましたが、民主主義の根源は選挙
であって、示威行動や実力阻止は民主主義ではありま
せん。

そんなことが許されるなら、柔ちゃんか猪木氏が総理
になってしまいますからね。



おそらく、来年夏には衆参のダブル選挙となるでしょう。

野党が本気で法案に反対しているなら、むしろ支持率の
上がる行動をして、政権奪取に向かうべきです。

その上で、一旦は成立した法律を破棄すればいい。

安保法案は、今夜遅くに参議院本会議で採決される予定
です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:安保法案
posted by 子竜 螢 at 20:13| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。