2015年09月19日

これからが大変な安保法

安全保障法案が参議院本会議で可決されました。

すなわち、集団的自衛権が憲法解釈の勝手な変更のみで
行使できるようになったのですが、だからといって、す
んなりと事が運ぶわけではありません。



いますぐに集団的自衛権を行使する場面が訪れるわけで
はありませんが、実際に運用できるまでには、法的な障
害がいくつも残っております。

まず、市民団体等による裁判所への違憲審査請求ですね。

おそらく全国各地の地方裁判所すべてに持ち込まれそう
ですので、違憲判決もそれなりの数になるでしょう。

また、一票の格差問題の観点から、今国会が違憲状態と
の判決もありますから、今国会で決めたことの有効性が
問われます。

労働者派遣法の改正案も含まれますので、こちらの審査
のほうが主流になるかもしれません。



とにかく、野党議員の質問にちゃんと答えられなかった
防衛大臣などの責任は重く、その原因は無理な憲法解釈
の変更にあるとすれば、やはり改憲の動議が先でなくて
はならなかったでしょう。

いや、完璧を期すならば、議員定数の削減も果たし一票
の格差を是正した上で論議すべき議案でした。



それにしても、政権時代に集団的自衛権を容認していた
民主党がなぜここまで反対したのか、理解に苦しみます
ね。共産党と共闘の姿勢を示してまでもです。

女性議員へのセクハラ暴行に対するコメントもなく、野
党第一党としての責任と立場も今後問われることになる
と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:安全保障法案
posted by 子竜 螢 at 20:47| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。