2015年09月29日

やっぱりできなかった

ハーバード大学の研究チームに加えて世界中の著名
な技術者たちが、STAP細胞の生成に取り組みま
した。

小保方晴子氏などの会見で、成否まではよくわから
なかったモヤモヤに、ようやく結論が下されたので
す。



発表された結論としては、ES細胞の混入でした。

つまり、STAPというものは存在しなかったわけ
ですね。

チームは130回以上も生成にチャレンジしたものの
一度も成功しておらず、この結論に至ったという。



では、何者がES細胞を混入させたのか、という疑問
が残るわけですが、存在しないとわかった以上は追求
しても意味のないことのように思えます。

もっとも、税金が投入されているのですから、今後は
厳重な規律と良心をもって理研は研究を続けなくては
なりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:STAP細胞
posted by 子竜 螢 at 18:07| Comment(2) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする