2015年10月06日

移民政策の落とし穴

日本が人口減社会となりましたので、これからの社会を
支えてゆくためには、現役世代の負担がどうしても大き
くなってゆきます。

このままではGDPを横ばいに維持するのが精一杯です
ので、囁かれはじめたのが移民政策というわけです。



しかし、治安の悪化などの懸念よりももっと深刻な問題
があることを、メディアも報じてはおりません。

はっきり申しまして移民の受け入れには反対なのですが
その最たる理由を知っていただきたいと思います。



たとすに移民の受け入れは、労働力人口を増やして現役
世代の負担を軽くしてくれることでしょう。

でも、もっと長期的な観点からしますと、それこそ国家
が破綻しかねない重要な問題を含んでいるのです。

それは、

年金制度です。



25年間保険料を払い続けませんと支給対象にはなりませ
んから、最年長でも35歳までの移民に限られることにな
るのです。

もしもそれ以上の年配者を受け入れた場合、無年金です
から老後は生活保護しかありません。

つまり、移民の次の世代が今の現役世代よりももっと社会
保障費の負担が大きくなってしまうのです。移民の人数分
だけ負担が増えるのです。



そういう若い人たちばかりの移民受け入れが可能かどうか
といえば、どこの国だって若者がいなくなって老人ばかり
になっては困るでしょうから、簡単には話はまとまらない
でしょう。

移民政策は、目先のことしか考えていないといえますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:移民政策
posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。