2015年10月14日

発注先を間違えたインドネシア

インドネシアのジャカルタからバンドンまでの高速
鉄道建設の発注先が中国に決定しました。

最初は日本が数年前からインドネシア政府と調査を
始めていたもので、途中から割り込んできた中国に
果実を攫われた格好となりました。



しかし、インドネシアのジョコ大統領としては、国
としての予算は出せず、高速鉄道の運営会社が民間
として代金を支払うという。

つまり、支払いに関してはインドネシア政府の保証
はなく、形振りかまわない中国のゴリ押し商法から
は経済情勢のかなりの悪化が読み取れます。



とはいえ、インドネシアはとんでもない買い物をした
と思いますね。

第一に、中国の高速鉄道システムは、しょっちゅう事故
や故障を起こしていること。

さらには、これまでの中国の第三国へのインフラ事業
から勘案しますと、従業者までが中国人で占められて、
雇用の拡大につながっていないのです。

アフリカ諸国では大問題になっております。



まあ、信頼性の低いものには誰も乗りたがりませんから
派結い打ちに支払いが滞ることでしょう。

まるで、店じまいセールのバーゲンのような商法です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:高速鉄道
posted by 子竜 螢 at 23:23| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。