2015年10月16日

朴大統領の訪米

韓国の朴大統領はアメリカを訪問中なのですが、かな
り厳しい扱いを受けているようですね。

ニューヨークタイムスやワシントンポストなどの一流
紙は朴大統領の動向をほとんど伝えることもなく、一
国の国家元首が来訪した雰囲気ではなさそうです。



朴大統領がアメリカに到着して間もなく、アメリカ政府
の高官3名が記者会見を開きまして、韓国の反日姿勢に
警告を発しました。

おそらく、中国に擦り寄っていたことも言外に匂わせ
たのだろうと思います。

そして、在米ベトナム人の14名の夫人から、朴大統領に
謝罪を要求する申し入れがあったのです。

ベトナム戦争当時、韓国軍兵士に乱暴されたとのことで、
日本の従軍慰安婦問題を批判する資格がないと釘を刺され
た格好となりました。



朴大統領の今後の日程はわかりませんが、オバマ大統領
との晩餐会すら予定されていないといいますから、国賓
扱いではないのでしょう。

TPPへの参加もアメリカ側から拒否されて、何の収穫
もなく帰国するのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:55| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする