2015年11月10日

我が侭な中国メディア

中国の国営メディアは、連日、日本からの投資額減少
を憂う記事を掲載しています。

両国は互いに足りない部分を補完し合うのが有意義だ
とも述べており、日本人からしますと我が侭としか言
いようがありませんね。



アジアインフラ開発銀行の発足でも、じつは日本を引
き込みたかったのでしょう。

中国がアメリカに対抗してゆくには独力では無理で、
経済基盤のしっかりとした日本を陣営に引き入れない
ことには先を見通せないのです。

韓国が擦り寄ってきているとはいえ、北朝鮮との関係
を考慮しますと全面的に嬉しいわけではなく、斜陽感
のほうが強いだろうと思います。



円安もあって、反日意識の強い中国からは日本企業の
撤退が相次いでおります。

暴動で工場や店舗が破壊されたりで、とても先進国と
はいえない民度の低さも原因でしょう。

外交と民間の経済は別ものと言いたいのでしょうけれ
ど、中国は日本以上に同一なのですから、説得力に欠
けています。

せめて、尖閣諸島の領有主張を放棄してから述べてい
ただきたいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:中国経済
posted by 子竜 螢 at 19:52| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。