2015年11月14日

パリで同時多発テロ

「パリは燃えているか」という映画がありますが、それ
は第二次世界大戦の話であって、日本時間の14日午前に
発生した同時多発テロは、大変な被害をもたらしている
ようです。

30日には地球温暖化対策を話し合うCOP21の開催が予
定されていたパリでは、特別警戒態勢にもかかわらず、
起きたテロ事件だったために世界に衝撃が走りました。



これまでの被害者は120名とも140名とも伝えられており
ますが、実行犯たちは自爆するか射殺されているために
背後関係はまだ不明です。

ただ、イスラム過激派の犯行なのは確実ですが、ISIL
が賞賛する姓名を発表していることから、別の組織かも
しれません。



いずれにせよ、日本もテロの標的国に師弟されていますか
ら、これから開催さりる伊勢志摩サミットや東京五輪など
が心配になってきます。

テロの防止や対策に、警察でも自衛隊でもない特殊な部隊
が必要なのではないかと思いました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:同時多発テロ
posted by 子竜 螢 at 18:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。