2015年11月17日

自爆テロとカミカゼ

パリでの同時多発テロのニュースを受けて、日本のネット
上では、自爆テロと神風特別攻撃隊との差異が論じられて
いるようです。

同列に考える人と攻撃対象が軍艦に限られていたとしてべ
ものだと考える人との論争が、激しくなっております。

しかし、両者ともにいささかの誤解があるようですので、
あえてこの問題を採り上げてみましょう。



神風特別攻撃隊を発案したのは、大西瀧治郎海軍中将でし
た。大西中将は中東諸地域のジハードを参考にしたと延べ
ております。

それこそ、日本人の精神に合致する攻撃方法ではないか、
として、志願制による作戦の実行を上層部に迫ったので
した。

上層部が渋々了承した理由は、通常の攻撃をしても制空権
を完全に奪われている現状では生還率はほぼゼロなので、
結局は同じことだと考えたようです。



しかし、航空隊の現場との意識の違いがありました。

志願制とはいえ、志願をしなくて済む風潮にはなく、教官
にふさわしい操縦技量の持ち主以外はほぼ全員が志願をし
たのです。

イスラム過激派の全員が自爆テロを志願しているわけでは
ないのですが、少年少女の頃から洗脳によって自爆テロは
尊い行為なのだと教えられるといいます。

つまり、どちらも人道を無視しているという点では同じで
すし、元々がジハードの考えなのです。



攻撃目標を敵艦に絞った神風特別攻撃隊は、戦争中だった
のですから多少の正当性があります。

しかし、自爆テロは民間人を標的としている点で戦争では
なく犯罪であり、正当性は微塵もありません。

とはいえ、どちらもまともな戦い方ではないだけに、同じ
と捉えられるのも仕方がないかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 19:07| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。