2015年11月18日

年末調整とマイナンバー

サラリーマンの方なら、年末調整の記入用紙が配布
されただろうと思います。

しかし、用紙にはマイナンバーを記入する欄がある
のに、マイナンバーがまだ届いていない人が大半と
いう変な状況になっております。



ちなみに、子竜にもまだマイナンバーは届いており
ません。

いつ届くのかと高市総務大臣の言を借りますと、年
内に全員届けるのはこんな意であるらしい。

当たり前ですね。年賀状の時期と重なるのですから
簡易書留で送るマイナンバーの送付は郵便局会社に
とっては負担にしかなりません。



しかし、年末調整の用紙はだいたい今月中に会社へ
提出しませんと間に合わないのです。

つまり、空欄でもいいということですね。

ならば、なぜセキュリティの確認も本格的にしてい
ないマイナンバー制度を急ぐのか。



脱税・生活保護の不正受給など、早く発見するのは
いいのですが、地方の役所でまだ3割がXPを使って
いる現状のままで大丈夫なのでしょうかね。

さらには、残業を自宅でしようと持ち帰る電車の中
に資料やデータを置き忘れるという事件が今までに
もありましたし、お金ほしさにデータを売った役人
もいましたよね。



だから、最初の一年は公務員だけで試してみましょ
うよ。きっといろんなバクが見つかって、公務員の
分だけでもてんてこ舞いじゃないでしょうか。

年末調整だって、本人の所得がわかってしまう重要
な情報です。今年の分なのに来年スタートするはず
のマイナンバーを記載させるというのが、そもそも
おかしいと思いませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 18:35| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする