2015年11月24日

民主党の再生

大阪のダブル選挙は、おおさか維新の会が圧勝しました。

地方政治のことは住民が肌で感じていることでしょうから
結果は尊重したいと思います。



しかし、国政では相変わらず自公勢力の突出がありまして
この構図は簡単には変わらないかもしれません。

来年の夏まで国政選挙の予定はありませんけれど、選挙に
際しての選択肢がほぼない状態というのは、国民にとって
不幸なことではないでしょうか。

そこで、あえて民主党の再生案を考えてみることにします。



一時的にせよ、政権を担当したのがずっと昔であったよう
な錯覚に捉われてしまうのが民主党ですよね。

なぜこんなに衰退してしまったとかといえば、公約の大風
呂敷が大きすぎて、結局は何も実現できなかったことにあ
るのでしょう。

そして、最後っ屁のようにいきなり飛び出した消費増税も
民主党のイメージを大きく損ねてしまいました。

ならば、実現可能なところをひとつずつ基本政策として掲
げていただいて、自民との違いを強調するしかなさそうで
すが、その前に、右も左も混在している現状をなんとかし
ませんと、民意は離れるばかりでしょう。



先日、前原氏と細野氏が解党要求を岡田代表に申し入れた
のは、左右混在を解消したいとの悲願であった気がします。

まして、共産党が提唱している大連合などに色気を示すな
ど、党の再生にはマイナスにしかなりません。

自民党の補完勢力としてではなく、第二の保守合同を目指
せば、民主党にはそれなりの価値が生じて中心核になり得
るだろうと思います。

その場合、左翼議員は社民党か共産党に吸収されるか、分
党となりますが、岡田代表もメンツにこだわらず解党への
理解を示したほうがいいでしょう。



ともあれ、来年夏の参議院選挙、もしくは、ひょっとして
の衆参ダブル選挙までには時間がありません。

年内に解党できなければ、ずっとそのままなのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:民主党
posted by 子竜 螢 at 21:10| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。