2015年11月25日

ロシア軍機撃墜事件

トルコ軍が、領空侵犯したロシア軍機を撃墜したと
報じられました。

ロシア空軍が中東へ進出したときから危ぶまれてい
た懸念が、ついに表面化したのです。



ロシア側も撃墜されたことを認めておりますが、墜落
したのはシリア国内で、事態の複雑さを物語っており
ます。

トルコはこれまでISに対する攻撃には消極的でした。

自国の国境を侵されたときのみ撃退するという姿勢を
続けていたため、ISの戦闘員たちはシリアからトル
コの国境付近に逃げ込めば、比較的に安全だったので
しょう。

さらには、ISの資金源とされている石油の密輸先の
ほとんどはトルコでして、トルコ政府は関与していな
くとも、積極的に取り締まる傾向にはありませんでし
た。

なぜかといえば、トルコにとって癌ともいうべきクル
ド人をISが攻撃しているからでして、プーチン大統
領が述べたように、トルコがISを支援していると見
られても仕方がない状況となりそうです。



一方、アメリカの立場もややこしくなりました。

トルコはNATOに加盟していますから、この件では
トルコの方を持つしかありません。

すると、せっかくパリのテロからまとまろうとしてい
た対ISの陣営にヒビが入りそうです。

そして、帝政ロシアとオスマン帝国の時代から続いて
いるロシアとトルコの確執は、簡単には解消されない
でしょう。

今こそ、親日国トルコとロシアとの仲裁に、安倍総理
が乗り出すべきときです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:トルコ
posted by 子竜 螢 at 11:20| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。