2015年11月27日

年末調整

年末調整の申請用紙の提出期限は、お勤めの会社によって
異なるでしょうけれど、おおむね今月末かと思います。

保険料の控除分などが収めた所得税から戻ってくる制度で
すが、なぜか得したと勘違いしてしまいますよね。



非課税の人には恩恵のない制度でもあります。

また、給与所得のほかにも所得がある人にも、年末調整は
意味がありません。確定申告する必要があります。



来年からはマイナンバー制度が導入されますから、手続き
は簡単になりそうですが、反面、副業している人の未申告
分が明らかとなりますから、会社にバレるかもしれません。

かといって、勤務後のアルバイトをやめてしまうと、生活
が苦しくなるのが目に見えている人は、年末調整しないを
選択することで一年だけは逃れられますが、長期的に見ま
すと無理があります。

もしも労働組有為があるのでしたら、社則から副業禁止の
項目削除を交渉してもらうのも手です。

が、期待はできませんね。



年末調整はマイナンバーと絡んで、庶民を苦しめる制度と
なりそうです。

働き方を根本から考え直す必要がありそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:年末調整
posted by 子竜 螢 at 21:12| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする