2015年12月02日

維新の党が年内解散へ

維新の党が年内に解散することで調整に入ったといいます。

橋下氏が解党するしかあるまいと叫んでいた筋書き通りに
なるわけですが、経費を差し引いた残りの政党助成金は、
国庫に返還されるという。



まあ、ここまでのところはわかりやすいのですが、問題な
のはその次です。

なんと、解散した後の新党設立を総務省に届けるらしく、
その名が「維新」だといいますから、わけがわかりません。

要するに、大阪のダブル選挙の結果を見て、世論の矛先を
かわしつつ、維新というなだけは捨てないというややこし
い手法を採択したのではないでしょうか。



今更小手先の調整など無意味であって、民主の前原・細野
氏らと新党結成に向けて調整したほうがいいと思う。

もちろん、維新という名では有権者はなびきませんから、
新しい党名にしたほうがいいでしょうね。

これが野党再編への起爆剤となるのかどうか、松野氏らの
手腕が本当に試されるときだと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:維新の党
posted by 子竜 螢 at 19:37| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。