2015年12月11日

馬券裁判

競馬で数億円を稼ぎ出し、はずれ馬券の扱いをめぐって
国税庁から脱税容疑で摘発を受けた事件は、まだ記憶に
新しいかと思います。

裁判では、結局、はずれ馬券の代金を必要経費と認めま
したが、なにやらわけのわからん条件付きでしたから、
喉に骨が引っかかっている感じでした。



ところが、最近、この裁判の主役だった人物が、一連の
経過と裁判の経緯を暴露した著作を発表しました。

馬券裁判。

これが書籍のタイトルです。

競馬好きの人に絶対オススメな理由は、数億円も稼いだ
手法まで公開していることなのです。



競馬の配当は、2割ほどが最初からテラ銭としてJRAが
取った残りを分配するのですから、よほどの手法じゃない
限り、長期的な投資で利益は出ません。

なのに、著者は1億数千万円もの脱税容疑をかけられたほ
ど儲けたのですから、その手法は気になるところでしょう。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:馬券裁判
posted by 子竜 螢 at 21:04| Comment(3) | 小説 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする