2015年12月17日

夫婦別姓は男尊女卑の名残

最高裁判決から一夜明けますと、ネット上では様々な
違憲が飛び交っておりますね。

最高裁の判断に不服な人は、判事の女性比率が同等で
なかったなど、まるで女性なら別姓制度に賛成するも
のと決め付けているようでした。



しかし、日本では本来、夫婦別姓だったのです。

北条政子がよい例でして、源頼朝の妻となっても北条
姓でした。

ただし、夫婦別姓ですと妻には相続権がなく、家の
存続のために、子供は夫の姓を名乗ったのです。

つまり、別姓の妻は、ただの子を産む道具として扱わ
れていたのです。中国では今もそうです。



別姓を支持する人は韓国の例を挙げますね。

が、韓国では同じ姓の人とは結婚できません。姓の
種類が20余りしかないというのにですよ。近親婚を
避けるための制度ですね。



実名と旧姓を使い分けるのに、とくに困った問題は
生じないと思います。

なぜなら、子竜も本名とペンネームを使い分けてい
るからでして、芸能人も同じですよね。

別姓にした場合の混乱とかデメリットはいろいろ考
えられますが、利点を述べている意見がほとんどな
いように思えます。

まさか、離婚した場合の恥を軽減するためではあり
ますまい。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:夫婦別姓制度
posted by 子竜 螢 at 17:37| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。