2015年12月29日

慰安婦問題の日韓合意

日韓の外相会談において、従軍慰安婦問題が一応の
決着をみることになりました。

日本側が元慰安婦たちの支援を行なう基金の設立費
用として、一括して10億円拠出するというものです。



おそらく、日韓双方の国民ともに納得できない内容
ではないかと思うのですが、現に双方のネット上で
は批判ばかりが目立ちます。

しかし、これで終わりにならないのが韓国という国
であり国民です。

もしも韓国で政権交代があったなら、この合意が引
き継がれるのかと疑問に感じますね。

さらには、北朝鮮への支援も無視できなくなります。



そもそも、日韓基本条約を締結した際に含まれてい
たはずの事項ですので、日本の多くの国民も納得は
しないでしょう。

さらには、日本軍が慰安婦を強制したという事実も
ありませんから、安倍政権への風当たりは強くなり
そうです。

もっとも、韓国でも朴政権への風当たりは強くなっ
ているようでして、果たして、この合意がいつまで
守られるのか、疑問でしかありません。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:従軍慰安婦
posted by 子竜 螢 at 20:43| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする