2016年01月06日

北朝鮮の水爆実験

北朝鮮の国営テレビが水爆の実験に成功したと報じました。

これで核実験は4度目となりますが、本当に水爆だったのか
にはまだ疑問の余地はあるものの、禁止されていることを
平然と発表する姿勢には、世界中から避難が集まっており
ます。



中国吉林省にある高校のグランドに亀裂が入って避難騒ぎ
になったほどですから、核実験をしたことは間違いないの
でしょう。

しかし、水素爆弾はウランやプルトニウムの原子爆弾とは
逆に超高熱が必要な核融合による核反応ですので、内部に
は小型の原爆を仕掛けなくてはならないのです。

それはつまり、ミサイル搭載が可能であることを意味する
ものですが、6000分の1秒という誤差の範囲内で周囲から
の爆圧を均等に原爆へ浴びせる爆縮という技術が必要なの
です。

爆宿にはアメリカでさえも10回以上の失敗を繰り返して
ようやく会得したものなのですから、北朝鮮がたった4回
の核実験で成功するとは思えませんね。

ただし、原爆か水爆かを大気中の放射性物質の測定から
推測するのは困難でして、核実験の有無のみなら数日の
うちに結論が出るかと思います。



ともあれ、今回の発表でもっとも怒っているのが中国で
して、六カ国協議のエスコート役のメンツが丸潰れです。

この件によって中朝関係の修復は絶望的になりましたか
ら、中国軍の侵攻による保護領化が現実味を帯びてきた
のではないでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 19:44| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする