2016年02月29日

中国に見放された北朝鮮

先日、水爆実験やミサイル発射を強行した北朝鮮に対する
制裁措置として、アメリカと中国が合意に至りました。

これまで北朝鮮を庇護してきた中国ですが、合意の裏には
北朝鮮に対する不信感の拡大があるのでしょう。



中国が行なうと約束した経済制裁とは、北朝鮮からの鉱物
資源の輸入禁止です。

これは、韓国が行なう開城工業団地の閉鎖よりも金額にす
るとダメージが大きく、外貨獲得の本丸を崩すような措置
なのです。

本当に実施された場合、北朝鮮はすぐに経済的な行き詰ま
り状態となり、金正恩体制が崩壊するかもしれません。



中国が北朝鮮に対する不信感を芽生えさせたのは言うまで
もなく、張成沢氏の粛清でした。

しかし、あくまでもきっかけにすぎず、核とミサイルとい
う中国にとっても将来脅威となりそうな実験を中国の意向
に反して続けてきたのが最大の理由でしょう。

あくまでも噂ですが、北朝鮮の弾道ミサイルの照準は、東
京やホワイトハウスではなくて、主に北京に合わせられて
いるといいます。

まるで、反抗期にある子供のごとく、向こう見ずに突っ走っ
ているような感じがしますね。



しかも、中国との関係を重視して実験の中止を提言した幹
部の粛清を容赦なく続けているのですから、中国が見放す
のも仕方がありません。

とはいえ、アジアの緊張拡大にならねばいいのですが。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 20:05| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする