2016年03月09日

新国立の聖火台問題

なんともお粗末な話ですね。

建設費の問題から競技場のデザインをやっと変更する
方向に向かったと思ったら、聖火台がなかったなんて
お笑いネタにもなりません。



いやいや、ミスを大きく批判するつもりはないのです
けれど、エムブレムの問題もあったことですし、なに
やら五輪開催が決まったときから浮かれているだけで
責任感の重さを承知していないのではないかと感じる
次第です。

とくに、準備組織のトップである森喜朗氏は国民に謝
罪するどころか、担当者への責任転嫁のような発言ば
かり。

最終的な責任を取るのがトップという立場であって、
組織内の責任論は、それこそ組織内で収めるべきこ
とでしょう。



東京オリンピックとパラリンピックには多額の予算が
投入されます。経済効果を見込んでのことなので許さ
れているわけですが、そうでなければ、今程度の批判
では済まされますまい。

もうこれで、何もありませんよね。

また何かが発覚したなら、日本は世界中から笑われて
しまいますよ。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:新国立競技場
posted by 子竜 螢 at 21:45| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。