2016年03月10日

電力の自由化

発送電の分離は東日本大震災後から叫ばれるように
なりまして、今年の4月からいよいよスタートいたし
ます。

さらには、電力の使用契約先も新規参入企業が大幅
に増えて、選ぶのには苦労するほどです。



新規参入の電力販売会社としては、エネルギー供給
の一本化という立場から都市ガスの会社があります。

また、通信各社も積極的で、通信費用とのセット割
を強くアピールしております。

異色なのは、コンビニですね。



このように、百花繚乱という感じなのですが、どこを
選んでも設備はそのまま使えますし、工事の必要もあ
りません。

万一の災害時などの送電障害が発生しても、元もとの
電力9社がバックアップすることになっております。

なので、比較検討の重点となるのは、料金とポイント
還元になろうかと思います。



それにしても、一度に大量のプランを見せられまして
も、正直なところ、困りますよね。

ライフスタイルはずっと一定なものではなく、子供の
成長や家族構成の変化によっても異なってきます。

中には複数年契約を前提の割引ブランもありますから、
将来のライフスタイルを見定めてから契約に臨むよう
にしたいものですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:電力自由化
posted by 子竜 螢 at 20:20| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。