2016年04月08日

公共投票所は疑問

今年の夏の参議院選挙から、人の多く集まる場所で投票
できるようにするという。

たしかに便利なのかもしれませんが、一事が万事ではな
いでしょう。



投票所の設置場所は自治体が決めることになります。駅
や大型ショッピングモールなど、日中の行楽のついでに
投票できるのは便利です。

しかし、別の面では不便が生じます。

まず、投票設備と人員配置の問題ですね。自治体の負担
が増すようでは、実施は困難です。



また、候補者側としても、細かな地域ごとの得票数が不
明となるため、選挙に金がかかる原因になりかねません。

つまりは、良いことだからやれと言われても、経費と労
力を末端に押し付ける格好ですね。

だからといって、ネット投票がいいとは思いません。誰
が誰に投票したのか、調べようとすればできるからです。



そもそも、投票のしやすさと投票率の向上に関連性はあ
るのでしょうか。

不倫や不当なガソリン代など、政治家さんたちの姿勢こ
そが投票率に現われているのであって、投票所の問題と
して摩り替えるなんて言語道断です。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:投票所
posted by 子竜 螢 at 19:01| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする