2016年05月11日

大学生はパソコンにすべし

最近、パソコンよりもスマホでインターネットをす
る人のほうが多くなりました。

今後もスマホの需要のほうが伸びてゆくと思われる
のですが、安価であり持ち運べる便利さだけで考え
ていると、とくに大学生は困ることになりそうです。



一年ほど前、ある会社の人事担当者から聞いた話な
のですが、大卒者のほとんどがパソコンを使えず、
即戦力にはならないという。

企業のあらゆる分野でパソコンを使うのは、データ
量が膨大なことと、複雑にプログラムされた専用の
ソフトを使用するからです。

しかし、大学時代にスマホしか使っていないと、当
然操作には不慣れでキーボードのブラインドタッチ
もできないから、他の人の何倍も時間がかかります。

「パソコンは使えますか」
「スマホなら使えます」
面接でこんなやり取りになると、アウトでしょうね。



スマホでできることはパソコンで全部できますが、そ
の反対は無理です。いくらスマホの性能がアップした
としても、逆転はありえません。

もちろん、電話機能は別ですよ。



簡単なアプリやプログラミング、ホームページの作成
ができるなら、就職活動で負け組みになることはほぼ
ないでしょう。

スマホにだけじゃなく、パソコンにも精通しておきま
しょう。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:スマホ 就職活動
posted by 子竜 螢 at 09:29| Comment(2) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

日豪の潜水艦共同開発

日本とオーストラリアが共同で潜水艦の開発を進め
る方向にあったのですが、オーストラリア政府は、
フランスの提案のほうへ傾いたようです。

潜水艦の共同開発の発端は、膨張傾向にある中国を
牽制する意味があったのですが、なぜ日本のプラン
がダメだったのでしょうか。



オーストラリアは、日本のほかにも、フランスとド
イツのプランを検討しておりました。

そして、最終的にはフランスのプランを採用するこ
とになったわけです。

多分、世界中の人が、えっ、と首をかしげる選択だ
と思いますね。

なぜなら、フランスの潜水艦技術というのは、日本
やドイツのように実戦で裏付けられたものではない
からです。



しかし、日本のプランが敗れた理由もよくわかります。

日本の潜水艦運用というのは、第二次世界大戦中から
ずっと、偵察任務と艦隊決戦の補助戦力なのです。

一方、ほとんどの国の潜水艦運用は通商破壊でして、
敵の補給路を断つために使われるのがほとんどでした。

このように、目的が違いますと仕様も当然違ってきま
す。航続距離と搭載兵器、水中速度など、何を犠牲に
して何を伸ばしたいのか、意見の食い違いが出てくる
わけですね。



まあ、オーストラリアは最近中国と親しくなりはじめ
ましたから、日本の潜水艦技術が中国に漏れる心配が
なくなってよかったとしましょうか。

日本の潜水艦技術は、世界一ですからね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:潜水艦
posted by 子竜 螢 at 22:46| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

生活保護費と災害義援金

少し腹立たしいような話を聞きました。生活保護費
受給者への災害義援金の話です。

なんとなんと、二重に受け取ることができない制度
なのです。



国の生活保護日に関する規定では、たとえ災害義援
金であろうとも、収入とみなされてしまいます。

日本中から世界中からの善意が、経済弱者である生
活保護世帯には無縁に近いものになっているのです。

もしも義援金の受け取りを選んだなら、生活保護費
が打ち切られてしまいます。



義援金は、集まった総額を被災者の人数で割り算を
して決定されるものでして、半額だけほしいという
申請ができないことになっています。

つまり、全額かゼロかの二者択一しかありません。

しかし、現実には、近くのスーパーが壊滅している
ので遠くまで買い物に行かなくてはならないケース
は多くあります。

公共交通機関も停止していたり、ルートでない場合
には、タクシー代などの負担が余計な生活費として
掛かってしまいます。



今すぐにでも制度を改めたほうがいいと思う。

そうじゃないと、集まった善意が宙に浮いてしまい
かねませんね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:生活保護 義援金
posted by 子竜 螢 at 19:41| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

沖ノ鳥島は岩

中国が南シナ海で進めている岩礁を埋め立てた人口島
に軍事施設を建設している問題は、今、ブーメランの
ごとく日本にも向けられております。

沖ノ鳥島ですね。



戦前には海軍の記録として、満潮時でも最大海抜が3
メートル弱の岩礁が6つ確認されておりました。

しかし、今は30センチほどの岩がひとつのみ。しかも
周囲をコンクリートで固めて水没を防いでおります。

国際海洋条約では、岩は島と区別され、排他的経済水
域の設定外とされているのです。



このほど台湾を訪問した自民党の岸信夫衆議院議員は、
国民党の馬英九氏から、沖ノ鳥島は岩だと指摘を受け
まして、国際司法裁判所かへ提訴すると告げられまし
た。

国民党はひとつの中国を目指している政党で、独立を
目指している親日的な民進党とは対照的な存在です。

だからといって日本の弱点を突いてきたというよりも
南シナ海での中国の所業を批判するなら、日本も沖ノ
鳥島を岩だと認めろというものなのでしょう。



残念ながら、だれが見たって岩なのは明白ですし、遅
かれ早かれ水没する運命にあるといえます。

それなら、無理に延命させることなく、キッパリと切
り捨てて中国批判をするほうがいい。

仮に、海底資源が豊富であるなら、採取するだけした
上で、放棄いたしましょう。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:沖ノ鳥島
posted by 子竜 螢 at 10:20| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

大学の価値

貸付型の奨学金で卒業後に経済破綻してしまう大卒生
のことが問題になっております。

政府は、給付型の奨学金枠を大幅に増やす方針だそう
ですが、財源のことを考えますと、簡単ではありませ
んね。

しかし、問題は本当に奨学金の制度なのでしょうか。



子竜が若い頃、大学へ進学する男子は半分程度。女子
は1割くらいでした。

それが今は、進学する人がほとんどで、高卒で就職す
る人のほうが少ないほとです。

大学は学費も高いし下宿やアパートの家賃も馬鹿には
なりません。それだけ払っても価値のある大学ならば
いいとしても、無目的な進学ですと、親も子も経済的
なマイナス面のほうが大きいでしょう。

本業の学業はそっちのけで、アルバイトにいそしむな
どというのでは、絶対におかしい。



現在、どうしても大卒じゃないと就けない職業は医師
くらいのもので、大卒しか採用しないという企業の側
も少しは考えたらいいと思う。

たとえ高卒であっても、高校でちゃんと勉強していた
かどうかは採用試験でわかるはずで、4年間先に仕事
を覚えるメリットは、企業にとっても大きいでしょう。

まずは、公務員の採用枠に高卒者を設けて、大卒者と
の格差をなくすことです。



一方、どうしても大卒でありたいという人は、通信教
育をやっている大学がいくつもあります。

学費はなんと10万円以下。就職しながら自宅で学べま
すから、経済破綻は起きません。



今、全国に大学が500以上もあります。ほとんどの人
に名前が知られている大学は、その中のひと握りだけ。

つまり、企業や公務員の採用が大卒限定だから大学の
数は減らないし、卒業しても就職できない人がでてく
るのです。

国はそんな大学のために私学助成をして、学生には奨
学金を貸与して破綻させている。

子供の将来を真剣に考えてみましょうよ。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:奨学金
posted by 子竜 螢 at 20:28| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

20代での失敗体験

老齢期になってから20代の頃を思い出しますと、
あの頃に失敗しておいてよかった、と思えること
がいくつかあります。

失敗したからこそ学び、のめり込む前に卒業でき
て助かったと感じられるのです。



もっとも有意義だった失敗は、パチンコでしたね。

休日になると朝から晩までパチンコ店に浸かって
いたものでしたが、貯金すらなくなるピンチを迎
え、それで完全にやめることができました。

その他にも、異性への貢ぎなど、失敗経験がないま
ま今やってしまうと、それこそ二度と立ち上がれな
いでしょうね。



今20代の人が、キャバクラ嬢に貢いだりするのは、
社会勉強代だと思います。

しかし、40代になってから本気になってしまいます
と、お金だけじゃなく、家庭崩壊になりかねません。

真面目ひと筋で働いてきた中年が、ギャンブルを覚
えたり異性の魅力に取り付かれたりしますと、後も
ずっと続いてしまうのです。

他人も羨むエリートが転落してしまう事件って、若
い頃に失敗していないからですね。



現代の親には子供に失敗させないように保護してい
る傾向がみられます。

それっていいことなのかな、と思いますね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:自己啓発
posted by 子竜 螢 at 21:20| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

こどもの日

震災で避難生活中の子供さんたちにとって、ゴールデン
ウィークはさぞかし辛い期間かもしれません。

本当なら、家族で遊園地へ行ったり、各地のイベントに
参加したり、楽しく忙しく過ごしていたでしょうね。

でも、子供の頃に大きな災害を経験した人は、将来、不
屈の精神を発揮してくれるものと信じています。



日本では、

成人の日
こどもの日
母の日
父の日
敬老の日

という順で訪れるのですが、30代から50代の現役さん
たちの日はなぜかありません。

とくに未婚の人にとっては、ただの休日でしかないかも
しれません。

でも、勤労感謝の日というのがありますよね。それが
相当しているのではないかと考えましょう。



こどもの日にちなんだイベントが各地で盛んです。

ただ、少子化だからといって、子供を甘やかすだけの社会
ではいけないわけでして、こんな事例を思い出しました。

ある親子が電車に乗ったとき、空いている席はひとつだけ
でした。

親は自分が座り、子供を立たせます。周囲の人が子供に
席を譲ろうとしたとき、親が言いました。

「この子は半額なのですから、立たせておくのです」



この話に賛否両論はあるでしょう。

ただ、一人っ子政策で我が侭放題に育ち、自分のことしか
考えない人ばかりになりそうなどこかの国民のようには
なってほしくありませんよね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:こどもの日
posted by 子竜 螢 at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

護憲という矛盾

昨日の記事で、改憲に関する世論調査の話をお伝え
しました。

調査を実施したマスコミによって数字がバラバラな
のですが、一年前の調査と比べてみますと、改憲が
必要と答えたひとの割合が減少しているという共通
点はありました。



改憲の必要なしと答えたひとが増えた理由として考
えられることは、昨年に可決された安保法制が大き
いのではないかと思えます。

つまり、集団的自衛権を認めるなら、改憲するほど
の必要性を感じないのでしょう。

ですので、護憲を訴えている野党が、一方で安保法
制に今でも反対しているというのは、矛盾を感じて
しまうのです。



そもそも、現憲法はGHQによってほとんど強制的に
制定されたものであり、当初、旧社会党などは憲法
の改正を訴えていたほどだったのです。

アメリカへの追随を嫌っている共産党などが護憲を
訴えているとすれば、自己矛盾の最たるものですね。



護憲派の中にも、とくに第9条の不明確でどうにで
も解釈できそうな条文だけは改正したい、と考えて
いるひとだって大勢います。

改憲論は、ただ単に右か左かではないようです。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本国憲法
posted by 子竜 螢 at 11:49| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

不透明なNHK世論調査

毎年憲法記念日を迎える度に、改憲論者と護憲論者
との対立が表面化しますよね。

双方の言い分はそれぞれにわかるのですが、NHKが
憲法記念日の直前に毎年行なっている世論調査結果
の今年の分をまずは見てみましょう。

とくに第9条の改正についての調査分です。



改正する必要がある 22パーセント。
改正の必要がない  40パーセント。
どちらともいえない 33パーセント。

なにかおかしいですね。合計しても100パーセント
にはなりません。

それに、設問の仕方によって、ガラリと数値が変わ
る要素のある調査対象ですからね。このままを信用
してはいけません。



改正の必要がないと思っている人でも、第二項を削除
するだけなら賛成かもしれませんし、自衛隊を軍隊と
位置づけて交戦権を認めるというなら、賛成から反対
へと鞍替えする人も出てくるでしょう。

どこかの政党もしくは個人の改正案を示した上での
賛否を問いませんと、上記のような調査結果になる
のは、むしろ当然なのです。

どちらともいえない、と回答した人が正しいと思う。



また、ここの世論調査というのは平日の日中に電話
で調査をしているらしいので、回答者に職業や年代
の偏りがあるかもしれません。

先入観を与えるだけの世論調査なんて、もうやめて
はどうなのでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:08| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

ボレロの著作権

ボレロというクラシック音楽をご存じでしょうか。

独特のリズムが延々と続く楽曲なのですが、ああ
この曲か、と聴けばすぐにわかります。



バレエ曲として書かれたボレロは、1928年にパリ
のオペラ座で初演されました。

作曲者のラベルは、この曲で一躍世界に躍り出て
有名になりました。

この名曲の著作権が5月1日いっぱいで消滅したの
です。



つまり、これからは、演奏会はもちろんのこと、
映画やCM、ドラマなどにも自由に使えます。

作曲したラベルの心情を考えますと、世界中でずっ
と愛されてゆくことに満足だろうと思います。

今夜は久しぶりにボレロを聴くことにしました。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ボレロ ラベル
posted by 子竜 螢 at 08:55| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

メーデーに思うこと

高岡市では国の重要文化財である御車山祭りの日
なのですが、全国的には労働者の祭典メーデーで
もあります。

メーデーはなにやらソビエト的な匂いを漂わせて
います。昭和からの伝統となりつつありますね。



昔、サラリーマンだった頃、メーデー要員として
行進に参加させられました。

そのせいでしょうか、ストライキとかデモ行進が
嫌いになってしまいました。

こんなことをして何になるのだろうか、とね。



今、労働組合に加入している人は幸せだと思う。

大変なのは非正規雇用の人々で、同じ会社に勤務
しながらも、労働組合に入れない人がいます。

また、派遣社員も派遣先の労働組合とは無縁です。



ちょっと前に時給1500円を掲げてデモ行進をして
いる人たちがおりました。

ああいう主張なら世の中の流れを変える原動力に
はなるもので、少なくともネット上では賛否が渦
まく議論となりました。

労働環境、とりわけ賃金の面での労使の食い違い
は、まだまだ大きいのです。

賃金はなかなか上がらないけれど、株主への優待
は進んでいます。貧富の差が埋まらず拡大を続け
ているわけです。



労働者はメーデーに何を求めているのでしょうか。

旧態然としたソビエト的な思想などではあります
まい。新しい風が吹きませんと、労働組合という
ものの存在意義すら問われかねないと思うのです。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:メーデー
posted by 子竜 螢 at 19:55| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。