2016年05月09日

生活保護費と災害義援金

少し腹立たしいような話を聞きました。生活保護費
受給者への災害義援金の話です。

なんとなんと、二重に受け取ることができない制度
なのです。



国の生活保護日に関する規定では、たとえ災害義援
金であろうとも、収入とみなされてしまいます。

日本中から世界中からの善意が、経済弱者である生
活保護世帯には無縁に近いものになっているのです。

もしも義援金の受け取りを選んだなら、生活保護費
が打ち切られてしまいます。



義援金は、集まった総額を被災者の人数で割り算を
して決定されるものでして、半額だけほしいという
申請ができないことになっています。

つまり、全額かゼロかの二者択一しかありません。

しかし、現実には、近くのスーパーが壊滅している
ので遠くまで買い物に行かなくてはならないケース
は多くあります。

公共交通機関も停止していたり、ルートでない場合
には、タクシー代などの負担が余計な生活費として
掛かってしまいます。



今すぐにでも制度を改めたほうがいいと思う。

そうじゃないと、集まった善意が宙に浮いてしまい
かねませんね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:生活保護 義援金
posted by 子竜 螢 at 19:41| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。