2016年05月21日

舛添都知事と朝鮮学校

舛添都知事の政治資金疑惑は、同様の事件からすれば
金額では微々たるものです。

しかし、なぜここまで叩かれるのかといえば、新宿神
楽坂の都有地を朝鮮学校に貸与するという問題から発
生している気がします。



保育園の不足が問題となっている中、常に定員割れを
している朝鮮学校を新たに作る意味がどこにあるのか
と問題になっているわけでして、右傾向の人じゃなく
ても疑問に感じるでしょうね。

まして、反日教育の巣窟といわれているものに都民の
財産を貸与するなんて、許されないというわけです。



昨日の釈明会見をテレビで見ましたが、記者の質問へ
の答えはほぼ同じ。

模範解答用の紙を見ながらの返答には、好感度ゼロで
した。

自分の言葉で喋ってほしい。そんな当たり前のことが
できなければ、ますます窮地に立たされるのではない
でしょうか。

なぜ朝鮮学校なのか。

その疑問にもちゃんと答えてほしいですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:朝鮮学校
posted by 子竜 螢 at 23:07| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする