2016年05月25日

民泊は儲かるのか

政府の諮問委員会が安倍総理に自由化を促したことで
政府は今月中にも民泊の自由化を閣議決定するようで
すね。

国会でもこの問題が採り上げられて議論され、空き部
屋に悩むマンション経営者などには福音かと思われて
いるようです。



しかし、簡単に収入になるわけではありません。

一応お客様を泊めるわけですので、それなりのサービス
がなければ悪い評判がすぐに立ちます。

布団シーツの交換とクリーニング。水道光熱費は馬鹿に
なりません。食事を提供するなら、保健所の許可も必要
でしょう。

客が帰ったあとの部屋の掃除はもちろんですし、最低限
の備品の補充もしなくてはならない。

そして、鍵の交換は一度ごとに必須なのです。

すると、一泊あたりが結構高い料金になってしまいます。
お客もビジネスホテルに泊まったほうが安く上がりそう
ですね。



しかも、民泊には周辺住民とのトラブルも考えられます。

法律や道徳観が違う外国人を泊めますと、確実にトラブ
ルになるでしょう。誰かが常駐していませんと防げませ
んから、人件費を考えただけでも割には合いません。



そもそも、民泊が話題になりはじめたのは東京オリンピ
ックの観戦者用の宿泊施設が足りないからでして、いつ
までもブームになるとは限りません。

家出青少年の巣窟にならないよう、自治体も条例で規制
しようとしています。

簡単に儲かる話などこの世にはありませんからね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:民泊
posted by 子竜 螢 at 17:06| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。