2016年06月01日

消費増税と財政再建

消費増税の先送りがほぼ決定したことから、株価はやや
値を戻しつつあります。

円安への移行はまだ当分先のことかもしれませんが、安
倍総理は懸命な判断をしたのではないでしょうか。



ところが、ネット上では、消費増税の先送りが財政再建
の道を閉ざすものだという意見が見かけられますね。

理解できないわけではありませんが、誤解されているよ
うに思います。

なぜなら、増税先送りに賛成している人が財政再建のこ
とを考えていないわけではないからです。

今、このような状況下で消費増税を実施すると、税収が
むしろマイナスになることを懸念しているのです。



そして、昨日もお伝えしましたが、5パーセントからの
増税分は財政再建のためではなく、全額が社会保障費に
充てられる約束なのです。

しかも、議員定数の削減を含む構造改革の実施が増税の
実施条件でもあったわけでして、再増税の延期を問題に
するよりも、先に構造改革が実施されていない点を問題
にすべきではないでしょうか。



民主党の菅政権時代に出てきた消費増税が野田政権に受
け継がれ、自民党の安倍政権で第一段階のみが実施され
ました。

しかし、国民とのお約束が果たされず、増税分がそのま
ま企業の事業減税分に充てられたのです。



消費再増税が延期されることで財政再建が遠のくのでは
ありません。それは入りの部分だけのことでして、出の
部分である構造改革に今こそ目を向けなくてはならない
でしょう。

どちらを先にやるべきか。

当たり前のことですが、国民に増税を強いるなら、政治
家は身を切る改革をしなくてはならないでしょう。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 18:05| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。