2016年06月03日

ブラック求人を撲滅させる

就職してみたら、給与や休日などの条件が違っていた
なんてことは、結構耳にします。

ハローワークや求人誌に書かれている条件があくまで
も目安だと知っていませんと、ずっと泣き寝入りする
ことになります。

ひどい例になりますと、労働契約書に署名捺印する段
階で本当の条件が告げられることさえあるそうです。



労働基準法の第15条には、求人の際の条件明示を義務
づけているのですが、職業安定法の第65条では求人詐
欺やおとり求人の禁止はしているものの、厚労省の見
解ではあくまでも目安なのだという。

つまり、ふたつの法律には見解の相違があり、ブラッ
ク企業の逃げ道になっているのです。

実際にも、法令違反で処罰された企業はないそうで、
就職が内定したからといって安心はできません。



では、こういう企業にどう対処すべきかというと、

まずはハローワークへ情報提供をしましょう。何人
もから同じ苦情が寄せられた場合、ハローワークは
その企業の求人扱いを取り下げます。

また、求人誌に掲載されていた案件では、求人誌に
苦情を申し立て、調査の上で回答を要求するといい
でしょう。

求人誌も自社の信用問題にかかわりますからブラッ
ク企業の求人を掲載したくはないのです。

こうして、ブラック企業は求人できなくなり、やが
て倒産に至るのです。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:ブラック求人
posted by 子竜 螢 at 13:39| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。