2016年06月16日

家賃下げろデモ

12日、若者たちが新宿でデモを行ないました。

主催者は東大の大学院生だったということですが、
東京の高い家賃が若者の自律を阻害していると訴え
ています。



本当にそうなのか、と真っ先に疑問に感じたことは、
なぜ東京の暮らしに固執しているのかという点です。

デモの参加者の一人が、非正規社員で月収が15万円
しかなく、そのうちの半分が家賃で消えるなどと話
しておりました。

非正規ならどこにでも仕事はあるはずなのに、なぜ
物価も何もかも高い東京の暮らしを続けているので
しょうね。

固定資産税が高いので家賃も高くなるのは当然です
し、家賃を下げろというのは社会の仕組みがわかっ
ていないのだと思います。

どこの国でも、首都に住むのはプレミアム価格でも
あって、故郷へ帰るか、別の都市への移住を考えた
ほうがいいのではないでしょうか。



とはいえ、土地はともかく、アパートやマンション
は年々価値が下がるものです。同じ額の家賃をずっ
と払い続けるのは理屈に合いません。

年々下がるべきものではないでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:家賃
posted by 子竜 螢 at 11:25| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。