2016年07月01日

求人詐欺をなくすには

厚生労働省が発表したところによりますと、昨年一年間
にハローワークに寄せられた苦情は4000件以上だったと
いいます。

実際に就職してみると、募集内容と大きく条件が違って
いたというケースですね。



「採用ですよ」
「本当ですか、ありがとうございます」
「明日からすぐに来てもらえるんですよね」
「はい。そのつもりでおります」
「では、よろしくお願いしますね。あっ、そうそう、
うちは三ヶ月間は研修期間なので、その間は最低賃金
になりますから」

こんな馬鹿げたやりとりは日常茶飯事なのですが、な
ぜ求人詐欺がなくならないかといえば、本当のことを
書いておくと誰も応募してこないから、と求人担当者
は言いたいのです。

つまり、求人詐欺合戦になっているわけでして、ハロ
ーワークに苦情を言わず泣き寝入りした人や、就職を
見送った人は4000人の10倍以上になるのではないで
しょうか。

それに、民間の求人雑誌はもっとひどいと思われます。
なぜなら、ハローワークでは苦情の多い案件を削除で
きるからなのです。



求人詐欺には罰則が何もありません。

月額給与は18万円から70万円。

こんなふうに書いておけば18万円で済むし、前述の例
のように、最初の三ヶ月間は12万円で終わり。大概の
人が三ヶ月以内で辞めてしまう過酷なノルマ制営業の
仕事なんかに多いですね。



しかし、厚生労働省の官僚さんたちは、罰則を含む法
制度の整備には積極的ではありません。

中小企業に人が集まらなくなるという建前と、本音は財
界が嫌うことはやらない、なのです。

ハローワークに登録されている全108万件のうち、まと
もなのが4000件じゃないのですかね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:求人詐欺
posted by 子竜 螢 at 17:15| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする