2016年07月05日

仲裁裁判所の裁定は?

国際機関である仲裁裁判所の裁定が、来週12日に下さ
れます。

南シナ海の岩礁を埋め立てて領有権を主張している中
国に対して、フィリピンが申し立てた案件です。



中国の王毅外務大臣は、早くも裁定には従うつもりは
ないと予防線を張っているのですが、負けるとわかっ
ているからこその発言でしょう。

残念ながら、裁定に従わなくても罰則はなく、裁定の
結果を国連総会で示し賛否を問うとしても、これまた
罰則のない採決にしかなりません。



こういう防弱無人ぶりに歯止めを掛けるには、やはり
軍事力しかないのでしょう。

とくにアメリカが強く出てくれませんと、周辺国は顔
色を窺うばかりです。



とはいえ、まったく無意味な裁定というわけではなく、
負けの裁定をいくつも重ねるうちに、中国の国際的な
信用が落ちて、中国国内の経済にも大打撃となってゆ
くのです。

ひとつは、AIIBですね。アジアインフラ開発銀行にお
ける主導的な中国が信用をなくしますと、同銀行の信
用までが低下して、出資国が出資金を引き上げて解散
ということになりかねないのです。

また、人民元を国際的な決済通貨にしたいという目論
みも頓挫するでしょう。

わかっていないとは、哀れです。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仲裁裁判所
posted by 子竜 螢 at 22:32| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする