2016年07月11日

冷たい麺類のだし汁

気温が連日30度を超える暑さになっていますね。冷たい
麺類が美味しい季節になりました。

今回は、ざるそばやそうめんを美味しくする、付けだし
汁の作り方をお伝えします。



老舗の蕎麦屋と同じ感じの付けだし汁を作るには、少し
期間が必要なのですが、家庭でできる方法です。

まず、

醤油に砂糖と味醂を適量加えます。どちらかひとつでも
甘味は出ますが、醗酵しないので深い味は出せません。

砂糖とみりんの量は、少し甘いかな、というくらいが適
量になります。醤油の銘柄によって違ってきます。

これを瓶に詰めて、最低三日間は冷蔵庫で寝かせます。

醗酵して発生したガスによって瓶の蓋が開かなくなりま
すから、蓋はゆるく閉めておきましょう。

万一カビが入ったとしても、そっとスプーンで除去すれ
ば大丈夫です。



寝かせたものは、適量を取って昆布と鰹節のダシで割り
ます。本格的なダシを取るのが面倒なら、顆粒のダシの
素でもかまいません。

そうめんのように、麺が細いほど割るダシの量を少なく
します。

ざるそばですと、さば節のダシで割ると本格的です。

冷蔵庫で寝かせる期間が長いほど、マイルドな味になり
ますが、ダシで割ってしまうと日持ちがしませんから、
注意してください。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする