2016年07月16日

憲法改正と護憲運動

参議院選挙の結果、改憲派が衆参で3分の2の議席を
占めるようになりました。

秋の臨時国会から、憲法改正に向けた審議が始まる
かもしれません。



それにしても驚かされたのは、護憲派政党の主張で
した。

第九条を変えたくないばかりに護憲護憲と訴えるの
はいいのですが、自民党の改憲案では、曖昧な記述
になっている第九条ではっきりと戦争放棄を謳って
いるにもかかわらず、改憲イコール戦争への道だと
頑固一徹に主張を続けたのです。

これでは、国民から見限られてしまう。少なくとも
護憲派なりの改正案を示して、参議院選挙で世に問
う必要があったのではないでしょうか。



今の日本で戦争をしたいという国民は、ISに参加し
ようなどという特殊な人物を除けば、誰もいません
よね。

それとも、戦争放棄を掲げる自民党の改正案に反対
している護憲派こそが、戦争を望んでいるのでしょ
うか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:憲法改正
posted by 子竜 螢 at 19:10| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。