2016年07月23日

ポケモンGOで早くもトラブル

昨日の記事を捕捉させていただけるなら、ポケモンGO
というゲームは、キャラクター人形が実際においてあ
るのではなくて、スマホの画面のみに登場します。

なので、運営側は居場所をどこにでも設定できる反面、
早くもトラブルが続出しております。



運営側に求められる良識として、危険な場所や立ち入り
禁止場所を避けることでしょう。

また、大勢が集まって騒がしくなったりする住宅街など
の迷惑も考えなくてはなりません。

現在立ち入り禁止の熊本城にも居場所が設定されていた
ようで、ガードマンが侵入を阻止したようですね。

ある団地では、私有地に侵入した不審な人たちがいると
して、警察を呼ぶ騒ぎにもなっております。



もっとひどいのは、皇居の中にも30箇所ほど設定されて
いるとのことで、宮内庁の庁舎付近など、一般人は立ち
入れない場所なのです。

靖国神社の中でも、中国人のプレイヤーたちが集まって
いたとか。。。

運営側は、ちゃんと調べた上で居場所を設定していると
は思えませんね。これは必ず事件事故になります。



このゲームは、ゲットしたキャラを育て上げて強化して、
他プレイヤーと対戦させる二次的な楽しみもあります。

ゲームそのものの面白さを否定するものではなく、事件
や事故につながる要素を排除しませんと、そのうちに大
きな問題が必ず発生すると思います。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 20:18| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。