2016年08月16日

第三次世界大戦

もしも第三次世界大戦が起きるとしたなら、その構図が
最近になって見えてきた気がします。

俄に緊張が高まっている東アジアが基点になるのは間違
いないでしょう。



力こそ正義、という意識が強い中国ですが、唯一恐れて
いるのがアメリカの軍事力です。

そして、最終的には民主主義のアメリカと一党独裁の中
国とは相容れないことも充分に承知しているでしょう。

すなわち、中国対民主主義国家群という構図が浮かび上
がってくるのです。



そのとき気になるのが、ロシアの動向でしょうか。

中国とは友好的な関係にあるのですが、ロシアという国
は、世界規模の戦争では必ず勝つほうに鞍替えをしてき
ました。

また、温かな中国の肥沃な領土も欲しいので、連合軍に
加担する可能性は大です。



もうひとつ気になる国は、北朝鮮ですね。

北朝鮮はおそらく中立を守ります。中立であり続けるこ
とでアメリカへの心象を良くしようと考えるでしょう。

中国に加担すれば国家が破滅しますし、領土が接してい
るだけに敵対も難しいですからね。



ハーグの仲裁裁定を中国が守るのかどうか、アメリカは
大統領選挙が終わるまでじっと監視を続けるでしょう。

その後に当選した人物によっては、一気に動く可能性も
あって、これから半年間がヤマ場です。

今のうちに尖閣から手を引きませんと、中国は大変な事
態を迎えそうです。

もちろん、南シナ海もですよ。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:33| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする