2016年09月10日

北朝鮮に対して何ができるのか

昨日の核実験を受けて、国連は緊急の安保理を開き
北朝鮮への制裁決議で一致しました。

しかし、これまでのことを考えますと、経済制裁で
は効果がないことなどわかっているだけに、安心と
いうわけにはいきません。



これまで実施されている経済制裁だけでもかなり厳し
い内容なのですが、中国が陰で支援を続けている限り
北朝鮮の元気さは続きます。

とくに石油の輸出は重大な決議違反なのですが、核と
ミサイルの開発を継続できるだけの援助が、どこから
かあるとしか考えられません。



韓国では、先制攻撃案までが浮上し、核保有を真剣に
検討しはじめたようです。

一方、日本は憲法によって先制攻撃できる兵器の保有
ができませんので、自衛隊の存在だけでは抑止力とし
ての効果が薄いのです。

すなわち、北京まで裕に往復できるステルス爆撃機や
海外侵攻可能な地上部隊を創設しませんと、核兵器を
造り保持するだけでは抑止力として働かないのです。



世界が北朝鮮に対してできることは、中国の本気の協
力がなければほぼゼロでしょう。

つまり、中国への制裁からして考えなくてはならず、
もしくは、常任理事国の地位を剥奪する決議へもって
ゆくしかないのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 11:08| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

北の核実験

北朝鮮が五回目の核実験をしたのではないかと報じら
れております。

核施設の周辺を震源としたマグニチュード5・1の地震
が計測されたからでして、北朝鮮そのものは核実験に
触れてはおりません。



今回だけ奇妙なことは、核実験をやったと誇らしげな
報道を北朝鮮自身が控えている点です。

今更制裁なんて怖くはないでしょうから、核保有国だ
と強調しそうなものですが、なぜ今回に限って無言な
のでしょうか。



これはあくまでも推測なのですが、ミサイルに搭載で
きるほどの小型化には失敗しているのではないかと思
われるのです。

というのも、過去四回の核実験では、段階的に地震の
規模は大きくなっておりまして、五回目と思われる今
回も、過去最大級の地震だったからなのです。

言うまでもなく、核兵器を使用するには、戦略爆撃機
かミサイルへの搭載が不可欠です。

北朝鮮には戦略爆撃機がなく、たとえあったとしても
目的地上空へ達する前に撃墜されてしまいます。

つまり、ミサイル搭載しかないわけでして、小型化が
必須なのです。

しかし、地震の規模からしますと、小型の核とはいえ
ず、通常の核実験の範囲なのであれば、まだ脅威とは
ならないわけです。



とはいえ、韓国でも核武装論議が起きているように、
日本でも真剣に考えなくてはならなくなってきました。

もちろん、長距離を往復できる戦略爆撃機の開発や購
入、そしてミサイル開発などが必要で、核兵器はすぐ
に作れるとしても、ハードルは高そうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 22:05| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

パラレル

パラリンピックが開幕しました。リオデジャネイロは
再び熱気に包まれております。

それにしても、開会式での車椅子ジャンプは凄かった
ですよね。驚きました。



パラリンピックの語源は、パラレルとオリンピックの
合成語です。

パラレルというのは並行という意味でして、並行して
開催されるもうひとつのオリンピックということにな
ります。

スキーの用語にパラレルターンというのがありますが、
両足を揃えて滑降する方法です。



健常者でも難しく激しいのがパラリンピックでして、
車椅子バスケットなどは、まさに格闘技です。

どんな感動が待ち受けているのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:24| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

生活保護に段階精度を

生活保護世帯が163万世帯を超えました。

その多くは老人のみの世帯でして、まだ働ける若い
世帯は減っているようです。



生活保護世帯の増加は、すなわち税負担の増加につ
ながりますから、世間の目は厳しい。

保護費支給日のみのパチンコでも許されない風潮に
なるのは仕方がありません。



そこで、段階式といいますか、限定式の生活保護を
導入してはどうかと思うのです。

たとえば、公営住宅に入居していただいて家賃のみ
がタダであるとか、少し若い人なら、医療費のみを
無料にして、なるべく働いてもらう制度ですね。

そういう制度なら、抵抗があって申請していなかっ
た人でも支援を受けようという気になるでしょうし、
自宅や車を手放したりせずに済むとすれば、社会復
帰の可能性が高くなるのではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:生活保護
posted by 子竜 螢 at 22:25| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

矛盾する政策

近年の自民公明が打ち出している政策を見ますと、な
ぜか矛盾に満ちているように感じられます。

一方で女性に出産や子育てを奨励しているかと思いき
や、違う一方では女性の社会進出を奨励しているから
です。



つまり、女性に対して、働きなさい出産しなさい子育
てもしてください、と超多忙な人生を希望しているよ
うなものではないでしょうか。

そして、家事と子育てに専念している専業主婦の配偶
者控除が打ち切られようともしています。



キャリアを積みたい女性もいることでしょうし、子育
てに専念したい女性もいるでしょう。

また、母子家庭の母親は、自公政権が希望している矛
盾そのものの生活を送っているのに、多くは相対性貧
困の中にあります。

要するに、掛け声ばかりで具体的な成果が望める政策
ではないということでして、縦割りされたそれぞれの
官僚案を列記したという印象でしかないのです。



本気で少子化問題に取り組むのであれば、女性が出産
や子育てに専念できる期間を設けて、その間の経済的
な面はもちろんのこと、復職が保証されなくてはなり
ません。

そのための財源ですが、インフレ狙いのベーシックイ
ンカムではいかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

かな入力の薦め

パソコンで文字を入力するとき、およそ9割の人が
ローマ字入力だそうです。

かな入力をしている人は、ワープロ専用機の名残で
キーボードを扱っている中高年に限られるとか。



しかし、かな入力というのは凄く魅力的なのです。

キーを押す回数がおよそ半分で済みますから、入力
の早さも半分で済みますし、指先を痛める心配だっ
て半分で済むのです。

子竜は昔カナタイプを習ったので、かな入力のほう
が楽な上に、原稿を書くときの思考にタッチが遅れ
ずについてゆくので、重宝しております。

もちろん、ローマ字入力のブラインドタッチもでき
ますが、速さでは比べ物になりませんね。



ブラインドタッチができるようになりたいと思って
いる人は、どうせなら、かな入力で覚えたほうがい
いと思いますよ。

およそ半分の時間で済む入力作業は、肩こりや目の
疲れも半減しますからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:かな入力
posted by 子竜 螢 at 22:45| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

G20

中国の杭州で開催されるG20に先立って、習近平氏と
オバマ大統領が会談をしました。

しかし、オバマ大統領が専用機で到着したとき、緊張
する場面があったことが報じられております。



国際仲裁裁判所の裁定を無視している中国に厳しい批
判をしていたオバマ大統領が杭州に到着したとき、同
行していたアメリカのメディア関係者が中国当局に阻
止され、タラップを降りるオバマ大統領の姿を報道で
きなくしたばかりか、張ったロープの外へ追い出そう
としたというものです。

ことのきは、オバマ大統領の警護役が間に入ってジャ
ーナリストたちを守ったらしいのですが、来訪を明ら
かに嫌がっている露骨な姿勢は、国際儀礼すらどこか
へ捨ててしまった国家の姿だったといいます。



もちろん、オバマ大統領が要望を伝えた人権問題では
国内干渉は受け付けないと習国家首席は答え、南シナ
海の問題では、我々の利権は守ると言い放ちました。

予想された回答ではあったでしょうけれど、オバマ大
統領とて人間である以上、中国の勝手な論理に我慢で
きる限界というものがあることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:G20
posted by 子竜 螢 at 18:17| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

こち亀の連載終了

こち亀こと、こちら葛飾区亀有公園前派出所が、9月
17日発売の少年ジャンプ第47号をもって連載を終了
すると集英社から発表がありました。

じつに40年という長きに渡る人気連載漫画でしたが、
警察機構の変更で派出所が交番に変更された後でも
派出所を貫きとおしたという作品でした。



このマンガの凄いところは、いろんなメカや機器が
登場するも、後に実用化されたものが多かったこと
です。

あたかも時代を先取りしたような内容に、作者への
畏敬の念がファンから多く寄せられていただけに、
連載終了は寂しいですね。



葛飾区は両津勘気吉などの銅像を作って区の宣伝を
していたほどでしたが、連載終了後もなお「こち亀
の街」として発展を目指してゆくそうです。

最終回はどんなストーリーなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:こち亀
posted by 子竜 螢 at 22:30| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

オバマ大統領の一喝

オバマ大統領が中国の傍若無人な態度を一喝しました。

大統領選に向けた民主党指示集めのパフォーマンス色
が強いメッセージではありますが、今のうちに怒って
おきませんと、取り返しのつかない状況になりそうな
のも、また事実です。



「大国といえど、力を巡回させ、誇示するのは間違い
だ」との指摘をした上で、「国際ルールに従わなけれ
ば結果が伴う」と暗に経済制裁や軍事行動を思わせる
警告を発したのです。

言うまでもなく、ハーグ国際仲裁裁判所の裁定を無視
し続けている中国には、これまで世界の警察を任じて
きたアメリカにとって、見て見ぬ振りはできないので
しょう。



それに対する中国側のコメントは伝えられておりませ
んが、コメントできないというほうが正直なところで
はないかと思います。

中華思想と共産主義の中国は、欧米諸国が勝手に決め
た国際ルールではなく、自分のルールを世界に適用さ
せようとするところがあります。

すなわち、海洋進出に乗り遅れた歴史を反省すること
なく、後からやってきて、勝手な線引きをしているの
です。



おそらく、南シナ海問題には、ロシアも中国への同調
はしかねるでしょう。

ロシアは表立った批判こそしませんが、ベトナムとの
深いつながりがあるために、中国寄りとはいかないだ
ろうと思います。

経済が失速してバブルが弾けたなら、世界中が中国を
敵視する時代に突入するかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:南シナ海
posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

民進党代表選挙

早くも九月になりましたが、台風が去ってからの日本
列島では、暑さがぶり返しております。

そんな中で始まろうとしている民進党の代表選挙は、
いまひとつ盛り上がりに欠けておりますね。



政権担当能力のない政党として烙印を押されてしまっ
てからは、何をやるにしても大きな話題にはならなく
なりました。

しかし、個々には優れた政治家がいるのも事実です。

今のところ、二人が立候補を予定しているらしいので
すが、なぜ盛り上がりに欠けるかといえば、自民党に
たいこうできるほどの政策を掲げていないという点に
尽きるでしょう。



そしてもうひとつ、両候補予定者ともに、共産党との
関係を今後どうかるのかについて触れておりません。

やはり、左右が同居しているという姿は、国民の理解
を得るには難しいと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:民進党
posted by 子竜 螢 at 19:40| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする