2016年09月04日

G20

中国の杭州で開催されるG20に先立って、習近平氏と
オバマ大統領が会談をしました。

しかし、オバマ大統領が専用機で到着したとき、緊張
する場面があったことが報じられております。



国際仲裁裁判所の裁定を無視している中国に厳しい批
判をしていたオバマ大統領が杭州に到着したとき、同
行していたアメリカのメディア関係者が中国当局に阻
止され、タラップを降りるオバマ大統領の姿を報道で
きなくしたばかりか、張ったロープの外へ追い出そう
としたというものです。

ことのきは、オバマ大統領の警護役が間に入ってジャ
ーナリストたちを守ったらしいのですが、来訪を明ら
かに嫌がっている露骨な姿勢は、国際儀礼すらどこか
へ捨ててしまった国家の姿だったといいます。



もちろん、オバマ大統領が要望を伝えた人権問題では
国内干渉は受け付けないと習国家首席は答え、南シナ
海の問題では、我々の利権は守ると言い放ちました。

予想された回答ではあったでしょうけれど、オバマ大
統領とて人間である以上、中国の勝手な論理に我慢で
きる限界というものがあることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:G20
posted by 子竜 螢 at 18:17| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。