2016年09月09日

北の核実験

北朝鮮が五回目の核実験をしたのではないかと報じら
れております。

核施設の周辺を震源としたマグニチュード5・1の地震
が計測されたからでして、北朝鮮そのものは核実験に
触れてはおりません。



今回だけ奇妙なことは、核実験をやったと誇らしげな
報道を北朝鮮自身が控えている点です。

今更制裁なんて怖くはないでしょうから、核保有国だ
と強調しそうなものですが、なぜ今回に限って無言な
のでしょうか。



これはあくまでも推測なのですが、ミサイルに搭載で
きるほどの小型化には失敗しているのではないかと思
われるのです。

というのも、過去四回の核実験では、段階的に地震の
規模は大きくなっておりまして、五回目と思われる今
回も、過去最大級の地震だったからなのです。

言うまでもなく、核兵器を使用するには、戦略爆撃機
かミサイルへの搭載が不可欠です。

北朝鮮には戦略爆撃機がなく、たとえあったとしても
目的地上空へ達する前に撃墜されてしまいます。

つまり、ミサイル搭載しかないわけでして、小型化が
必須なのです。

しかし、地震の規模からしますと、小型の核とはいえ
ず、通常の核実験の範囲なのであれば、まだ脅威とは
ならないわけです。



とはいえ、韓国でも核武装論議が起きているように、
日本でも真剣に考えなくてはならなくなってきました。

もちろん、長距離を往復できる戦略爆撃機の開発や購
入、そしてミサイル開発などが必要で、核兵器はすぐ
に作れるとしても、ハードルは高そうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 22:05| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする