2016年09月10日

北朝鮮に対して何ができるのか

昨日の核実験を受けて、国連は緊急の安保理を開き
北朝鮮への制裁決議で一致しました。

しかし、これまでのことを考えますと、経済制裁で
は効果がないことなどわかっているだけに、安心と
いうわけにはいきません。



これまで実施されている経済制裁だけでもかなり厳し
い内容なのですが、中国が陰で支援を続けている限り
北朝鮮の元気さは続きます。

とくに石油の輸出は重大な決議違反なのですが、核と
ミサイルの開発を継続できるだけの援助が、どこから
かあるとしか考えられません。



韓国では、先制攻撃案までが浮上し、核保有を真剣に
検討しはじめたようです。

一方、日本は憲法によって先制攻撃できる兵器の保有
ができませんので、自衛隊の存在だけでは抑止力とし
ての効果が薄いのです。

すなわち、北京まで裕に往復できるステルス爆撃機や
海外侵攻可能な地上部隊を創設しませんと、核兵器を
造り保持するだけでは抑止力として働かないのです。



世界が北朝鮮に対してできることは、中国の本気の協
力がなければほぼゼロでしょう。

つまり、中国への制裁からして考えなくてはならず、
もしくは、常任理事国の地位を剥奪する決議へもって
ゆくしかないのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 11:08| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする