2016年10月12日

白紙領収書という問題

国会において、自民党の幹部たちが政治資金パーティー
に参加した折、金額欄が白紙の領収書を受け取っていた
ことが野党議員の追及で明らかになりました。

菅官房長官は、答弁で法的な問題はないと発言。



いいえ、法的な問題は大ありですよ。

なぜなら、領収書というのは有印私文書なのです。誰か
が勝手に金額を記入すれば、有印私文書偽造という立派
な犯罪行為なのです。

もしも民間の事業主がそんなことをしていたなら、脱税
にもなりますからね。

倫理上の問題だけではなく、犯罪だということです。



また、政治資金規制法では報告書に領収書の添付が義務
となっておりますから、実際に支払った金額とに差異が
あったなら、同法のいはんにもなります。

どこから法的には問題がない、などという論理が成り立
つのでしょうかね。



白紙の領収書を発行する側にも問題はありますが、国の
トップクラスの人たちが不正をやっているようでは、誰
が真面目に税金を納めようとするでしょうか。

来年の税務申告では、菅官房長官がいいと言ったので、
と領収書の金額を水増しして脱税しても、きっといいの
ですよね。

民間人だけ処罰されるなんて、ありませんよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 18:57| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。