2016年10月22日

法の平等を貫くサウジ

サウジアラビアという国は、世界の産油国の中でリーダー
的な役割を果たしておりまして、最近ではサウジが原油の
原産をしないので、比較的安価にガソリンなどが供給され
ております。

また、イスラム教が主でありながらもテロに対して断固と
した戦いを挑んでいることでも、頼もしいパートナーだと
言えるでしょう。



先日、サウジの王子が死刑版権を下されて、執行されたと
伝えられました。

国王の息子ですから、えっ、と思ったわけなのですが、友
人との口論から殺害に及んだと認めたために、死刑が確定
して執行されたとのことです。



誰であろうと法の下には平等の精神を貫いているサウジと
いう国をあらためて見直しました。

地位が高い人ほど責任逃れしようとするどこかの国とは、
大違いですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:38| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする