2016年11月30日

副業兼業ガイドライン

マイナンバー通知ガ送られてきて空から一年が経ちました。

この制度が完全に稼動しますとすべての所得や資産が把握
されてしまいますから、会社に内緒で副業していた人が副
業をやめたケースもあるでしょう。

反対に、副業を認める会社が出てきたりして、どこかで基
準を設けてくれれば助かる、と誰もが思っていることです。



この度政府は、働き方の改革の一環から、副業兼業に関す
るガイドラインを年度内に作ると発表しました。

おそらく、社則に副業兼業の禁止を設けてはならないこと
になるとは思いますが、正社員の採用が減る懸念もありま
す。



ところで、副業兼業というのは社則で禁じられているだけ
であって、法律で禁じられているわけではありません。

副業がバレたから解雇された場合、裁判に持ち込めば必ず
勝てるのです。ただし、過剰なサービスを行っている風俗
の場合には、会社の品位を落としていると判断されるかも
しれません。

でも、政府としては、働けるだけ働いて所得が増えること
は税収増と景気の浮揚に直接つながりますから、副業の禁
止社則をなくしたいと考えているでしょう。



これから労働人口が目に見えて減っていきます。

副業兼業をしないと、これまでのような社会環境を維持で
きなくなるかもしれません。

移民を受け入れるより、副業兼業をガイドラインなどでは
なくて、法律ではっきりと、禁止する会社には罰則を設け
るくらいにしてほしいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:副業禁止
posted by 子竜 螢 at 13:40| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

学生時代にしてはいけないこと

人生を振り返ってみますと、後悔させられることが誰にも
いくつかあるかと思います。

その後悔が後々ずっと続くことも珍しくはありません。



学生時代にしてはいけないことの第一は、クレジットカー
ドの作成です。

ネットで買い物をするなら代引きか銀行振り込みにして、
借金する癖をなくしておきませんと、社会人になってから
苦労します。

なぜなら、収入が増えると気持ちが大きくなって、大きな
借金をするようになるからです。



第二は、返済義務のある奨学金の利用です。

返済義務のある奨学金は、将来に負債を残すことになりま
すから、絶対に利用すべきではありません。



第三は、浪費しないことです。

マイカーの所持やブランド品など、浪費癖をつけず、むし
ろ清貧生活を経験することで幸せな家庭を築けるようにな
ります。

見栄は一時的な欲望でしかなく、将来に禍根を残します。



以上のように、学生のうちに借金を背負い込みますと、30
代半ばまで返済に追われて結婚もままならなくなるかもし
れません。

学生時代に派手だった知り合いたちの没落をたくさん目に
してきましたので、人生の先輩として忠告申し上げます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:奨学金
posted by 子竜 螢 at 15:15| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

中国の禁煙法が年内に

中国のような人口の過密した国では、受動喫煙が日本
よりも問題となっております。

すでに北京などの大都市ではいかなる公共施設でも喫
煙ができなくなっており、それが年内にも全土に適用
されるもようです。



日本ではもちろん公共施設での喫煙はできませんし、
屋外での喫煙も条例で禁じられている都市はいくつも
ありますよね。

これほど受動喫煙による健康被害が社会問題になって
いるのにタバコの販売を禁止しない理由は、税収しか
ありません。

仮に、タバコの販売が禁止されたり全員が禁煙します
と、とくに地方税の税収が一気に落ち込みまいから、
これまで喫煙の習慣がなかったひとにも増税されるの
は確実です。



喫煙による病気で健康保険の財源が食われているとい
う指摘があります。

しかし、これは一面しか見ていない話でして、みんな
が長寿になりますと、それこそ年金制度が破綻してし
まうからです。

だから、喫煙を勧めるつもりはありませんが、禁煙を
勧めるつもりもありません。



健康に悪いというなら、喫煙か禁煙かなどという論議
よりも、製造禁止販売禁止にすればいい。

タバコの栽培農家には、もちろん補償をしての話です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:禁煙 禁煙法
posted by 子竜 螢 at 11:04| Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

残業とはそもそも違法

残業代を無償化させようという動きがあります。無償
にすれば残業が減って、過労死につながることもなく
なるという発想です。

しかし、現実ではサービス残業が当たり前の風教です
ので、あまり意味があるとは思えません。

むしろ、雇用を増やす効果のほうが大きいでしょうね。



工場などで働く人は、残業代はかなり美味しい収入で
すから、完全に無償となって収入が減るのは困るかも
しれません。

今のところは出隙ワークのホワイトカラーのみを対象
としているようですが、いずれは全労働者が対象にな
るのは間違いありません。

でも、残業無償化を法案にしようと考えている人は、
そもそもの論議が抜けております。そもそも残業とは
違法労働なのです。



労働基準法では、職種によってやや違いはありますが、
一般的には一日8時間までの労働しか認めておりません。

社員に残業をさせるには労働組合との間で、いわゆる
サブロク協定を結ばねばならず、割り増し賃金という
のは協定が結ばれた残業に対して適用されるものなの
です。

なので、そもそもが違法である残業の給与を無償化す
るというのは、協定を結んでいる残業の分のみに適用
されるのですが、無償化されてまで協定を結ぼうとい
う労働組合はないでしょうし、組合がないなどの企業
も喜んで追随することでしょう。



いずれにしましても、残業代の無償化は現実的ではあ
りません。社会の慣例にも反しています。

それとも、またまた弱者である労働者よりも経営者に
媚びる法案なのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:残業代
posted by 子竜 螢 at 14:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

大統領選はまだ終わらない2

昨日の記事の続報です。なんとなんと、三つの州で開票
集計のやり直しが決まりました。

じつは、緑の党のスタイン氏も三人目の候補者だったの
ですが、スタイン氏の陣営側から票の集計にサイバー攻
撃があった可能性があり、集計のやり直しを要求したと
のことです。



サイバー攻撃があった可能性はITの専門家も指摘して
いたところでして、ウィスコンシン・ミシガン・ペンシ
ルバニアの三州が怪しいとのことです。

三州ではいずれもトランプ氏が勝利していて、クリント
ン氏の勝利となれば全体の勝敗が覆るのです。



票の再集計には依頼人が事務手数料を納めなくてはなら
ないのですが、スタイン氏はすでに必要額の500万ドル
以上を準備したもようで、再集計が確実となりました。

再集計の日程は明らかとなってはいませんが、今のとこ
ろはクリントン氏陣営がこの件に関して沈黙しておりま
す。



ともかく、前代未聞のことが続く大統領選挙ですが、ど
こでどのように落ち着くのか、予断ができなくなりました。

逆転劇はあるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大統領選挙
posted by 子竜 螢 at 13:20| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

大統領選はまだ終わらない

11月8日に行なわれましたアメリカの大統領選挙では、意外
な結果としてドナルド・トランプ氏が勝利しました。

総得票数では100万票もクリントン氏に負けていたのですが、
選挙人を選ぶという特殊な選挙制度によって、こういう別物
の結果が生じたのでした。



トランプ氏の勝利によって世界中の市場が大きく反応して、
混乱もしましたが、選挙戦は終わったわけではありません。

12月19日に行なわれる選挙人による投票で決まるのです。

もちろん、クリントン側も最後の望みをかけて、選挙人た
ちへの造反を促す画策をしていることでしょう。



「不都合な真実」の著者で知られているゴア氏も、かつて
ブッシュ氏に敗れたときには、得票数では勝っておりまし
た。

その苦い経験から、選挙人がクリントン氏に鞍替えする可
能性はわずかながら残っています。ブッシュ時代に始めた
イラク戦争から、アメリカがテロの標的となり、おかしく
なったからなのです。

国民からの真の支持がないと、やはりどこかで問題が発生
するのでしょう。



選挙人による投票で逆転当選したという前例はありません。

しかし、今回だけは反トランプデモが起きたほどですし、
それも前例にはないことなのです。

果たして、逆転当選はあるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大統領選挙
posted by 子竜 螢 at 10:39| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

民間機関による養子縁組の斡旋

養子縁組に関する新たな法律が、構成労働委員会にて
可決されました。

民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに関わる
児童の保護等に関する法律案、という長い名前なので
すが、与野党の垣根を越えた賛成多数が気になります。



養子縁組といえば、親族の間で行なうのが一般的なの
ですが、身寄りのない子供たちを救うための手段とし
て、今回の法案が議員側から提出されました。

しかし、気になるのは、民間に任せて本当に良いのだ
ろうかという点です。

その後の虐待など、営利が目的の民間機関に継続的な
監視や調査ができるものかどうか、よく考えたほうが
いいと思いますね。

変な業者が参入してきたなら、体裁だけは養子という
人身売買につながりはしないかと危惧するのです。



もちろん、参入業者は許可制なのでしょうけれど、ま
だ養子縁組そのものが普及していない段階では、時期
尚早ではないでしょうか。

その民間会社へのチェックすらろくにできないとする
なら、この法案はまさに人身売買法案になってしまい
ます。

その点がどうなのか、本会議で充分に審議していただ
きたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:養子縁組
posted by 子竜 螢 at 15:43| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

引き際の美学

いつまでもロートルが幅を利かせている世界にはロクな
ことが起きません。若い世代が育たないからですよね。

NHK紅白歌合戦は大晦日の恒例イベントでしたが、最
近は少しずつ事情が異なって、大御所歌手さんたちが次
々と卒業宣言しています。



北島三郎に続いて森進一。そして細川たかしまでもが卒
業宣言をいたしました。

考えてみますと、一年の間に一曲も出していない歌手が
出場していたのがおかしいわけで、ヒットを飛ばしてい
た若手歌手やグループが、出場枠の関係から出られなかっ
たという弊害がありました。



どんな世界でもですが、もういらん、と言われて消え去
るよりも、惜しまれながら去るのが有終の美学というも
のではないでしょうか。

スポーツの世界でもビジネスでも、まだまだ若い者には
負けんという気概は必要だとしても、若い世代の伸びし
ろまで奪ってはならないのです。



50代になったなら、若い世代の育成を主眼にする。

それがもっとも美しい姿ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:紅白歌合戦
posted by 子竜 螢 at 14:08| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

野党の被選挙権五歳引き下げ法案

民進党・社民党・自由党の野党三党が、被選挙権の五歳
引き下げを求めて、公職選挙法と地方自治法の一部の改
正法案を提出しました。

若者への配慮をしているのがよく窺えます。



この法案は立候補できる年齢をすべて五歳引き下げよう
というものですが、疑問を感じる人は少なくないと思い
ます。

というのも、たとえば衆議院占拠に20歳で立候補ができ
るとしても、まだ学生ですと社会経験の不足から有権者
が不安に感じるかもしれません。

むしろ、被選挙権年齢を引き上げろ、という声が聞こえ
てきそうです。



さらに言えば、立候補の供託金をどうするのか、という
問題もあります。

まだ働き出していない立候補者は親に出してもらうしか
ないわけでして、それは贈与にあたるかもしれないので
す。30歳に引き上げたとしても、自力で供託金を納めら
れる人はごくわずかでしょう。

裕福な政党からしか立候補できなくなる制度への改悪と
映っとしまう可能性が高いですね。



選挙権の引き下げは大賛成です。

いや、まだ乳幼児にだって選挙権を与えて親が代理投票
できる仕組みにすれば、現役世代の意見がもっと反映さ
れると思います。



改正案の内容を把握しておりませんが、少なくとも供託
金の大幅な減額とセットでなくては意味がありません。

それ以上に、民間企業で苦労を経験した人に立候補して
いただきたいという国民は多いかと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:被選挙権
posted by 子竜 螢 at 12:19| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

パチンコの合法性

かつては2兆円産業といわれたパチンコですが、今では斜陽
産業の代表的なものになってきました。

その理由のひとつに、賭博性の高さがあります。一円半円の
機種も登場していますが、景品を換金できるという点で賭博
の色が濃いのです。



ある国会議員が政府に対して送った質問の回答で、安倍総理
は、風営法に基づいた観点からは合法という判断を下しまし
た。行政はんだんというやつです。

しかし、いわゆる三店方式と呼ばれている不透明な運営方法
は、合法だといえるものではありますまい。

景品を買い取ってくれる業者がパチンコ店とは別の法人なら
いいというのであれば、ほとんどすべての賭博は合法となっ
てしまうのです。三店方式を採用すれば、ルーレットでもバ
カラでも、なんでも合法になってしまいます。

肝心なのは司法判断です。行政判断というのはあくまでもた
だのコメントでして、合法との判断が確定したと考えるのは
早計でしょう。



韓国人による唯一の偉大な発明がパチンコなのですが、当の
韓国ですら何十年も前に禁止にいたしました。

なぜ日本では発展し続いているのかといえば、やはり生活保
護費の受給者が支えているのではないかとの説が有力となっ
てきます。

いずれ、司法判断を仰ぐ日が来るでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:37| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

ベンチャーは楽しい

ずっと昔に、マネーの虎というテレビ番組がありました。

マレーの虎とイギリス軍から恐れられた山下奉文大将に
引っ掛けたネーミングでしたが、ベンチャーを志す若者
たちには人気がありましたね。



番組の主旨は、先輩起業主にベンチャー計画を提示して
出資してもらうというものでした。

資金力がなくて銀行の信用もまだ得られていない若い世
代の人にとっては、とても魅力的な番組だったことでしょ
うね。

しかし、番組の終了とともに、先輩虎さんたちがみんな
破綻してしまったのです。



ここに、ベンチャーの難しさと楽しさを同時に見ること
ができます。

すなわち、難しい面とは、いかにも成功してますといっ
たところを装っていても、内情は苦しかったわけです。
そうしないと融資を受け続けられないので、見栄の悪
循環に陥ります。

一方、楽しい面とは、じつは成功したと感じるまでの
道程こそが楽しいのです。



番組の批判をするつもりはありませんが、個人的に誰
かから出資を受けての起業だけは絶対にやめたほうが
いいと思います。

なぜなら、出資者というのはお金が減ることを極端に
嫌うからです。儲けになるとおもうから出資してくれ
るわけですが、道中の一時的な減額すら厳しくチェッ
クされますから、起業が途中でおかしくなるのです。

というより、うまくいったらいったで、最終的には、
乗っ取られて終わります。資本主義の社会なのです。



やはり、金融機関が融資してくれない起業アイディア
は、金融機関がリスクの大きさを危ぶんだためであり
個人から出資をしてもらってまでの無理をしてはいけ
ません。

無理のない範囲であれば、ベンチャー起業というもの
は夢があって、じつに楽しいのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:41| Comment(2) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

民主主義と選挙制度の怖さ

反トランプデモが拡大しているようですね。

これは、得票数でクリントン氏のほうが多かったために
起きている現象かと思われます。

選挙制度によっては、さほど差がないにもかかわらず、
結果としては大差になってしまう日本の小選挙区制度も
考えさせられます。



以前に行なわれたイギリスの国民投票でも、EUからの
離脱の是非が問われたのですが、選挙結果を見て、やり
直しの投票を求める声が何百万人もあったといいます。

こういう現象がなぜ起きるのかといえば、多くの人が投
票というものに無関心だったり、マスコミの予想に安心
して、自分が投票に行かずとも、と考えてしまうからで
はないでしょうか。



日本の拳法改正の要件に、国会議員の三分の二と国民の
過半数の賛成が必要とされております。

しかし、賛成の必要数が逆ではないかと思うのです。

すなわち、国会では過半数だけでよいとすれば、憲法論
議がもっと活発になります。

そして、国民の三分の二が賛成しないと改正されないと
すると、いい加減な気持ちで投票する人や棄権者がそれ
なりにいても、絶対多数と言い切れるだけの結果になる
のではないかと考えられるからです。



トランプ選挙の結果、アメリカ国民の過半数以上が支持
していないことがわかったため、トランプ大統領の政策
はおそらく変更を余儀なくされるでしょう。

その結果、支持していた人たちからはブーイングが起き、
難しい舵取りになりそうです。

イギリス・アメリカという民主主義先進国で行なわれた
二つの大きな投票で、民主主義の怖さをあらためて感じ
させられました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:民主主義
posted by 子竜 螢 at 15:20| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

自動運転車の弱点

自動車という言葉は、決して自動で動くわけでもないのに
付けられていた名称でして、近年開発が進んでいる自動運
転車こそが自動車と呼べるものでしょう。

実用化されるまでには技術的な問題のほか、法律面での問
題があり、まだまだ先のことになりそうです。



とはいえ、技術の一部を生かした車ならすでに実用化され
ておりまして、自動ブレーキ装備などがその例でしょう。

しかし、この自動ブレーキ装置というのが実に厄介でして、
行きたい場所へ移動させない面があきらかとなったのです。

たとえば、ガソリンスタンドにある洗車機です。ブラシや
ノズルを危険なものと探知してしまうので、洗車機のとこ
ろまでは行けない車種がほとんどらしい。

まだ実例は聞いていませんが、おそらく、立体駐車場など
でも同様のことが起きるかもしれません。



また、カーポートや車庫のサイズがギリギリですと、完全
に収まってくれそうにない問題も出てくるでしょう。

現在の自動ブレーキシステムですと簡単に解除できて問題
はないのですが、各社が開発中の自動運転車では、簡単に
解除できないことが判明しました。

まだまだ実用化にはほど遠いようです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:自動運転車
posted by 子竜 螢 at 18:53| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

底辺の底上げ政策を

あるところからの統計が発表されました。国民の貯蓄
額についての統計です。

あくまでも統計でして、少し視点をずらした統計にし
ますとガラリと変化するのも統計ですので、鵜呑みに
はできません。

ただし、全体の傾向を見るには役に立ちそうです。



その貯蓄額統計によりますと、なんと上位の40人で日
本人全体の半分を占めているらしい。

その一方で、単身世帯の半分弱が貯蓄ゼロ。二人以上
の世帯でも三分の一がゼロだといいますから、格差の
拡大は思った以上に深刻なようです。

やはり、製造業にまで派遣社員が解禁されたり、社会
保障費の負担増や消費増税などが庶民の財布を直撃し
ているのではないでしょうか。



とはいっても、世界の富豪100人のランキングで日本人
は二人だけですので、貯蓄ゼロの人を底上げする政策が
望ましいと思われます。

相続増税など、富裕層を下げるのではなく、底辺を上げ
なくては、今に日本の経済は成り立たなくなってしまう
でしょう。

はっきりとした統計はありませんが、消費税というもの
が導入されて、増税される度に格差が拡大しているので
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:貯蓄ゼロ
posted by 子竜 螢 at 13:30| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

これからの為替相場

ドナルド・トランプ氏の大統領選挙当選からの一週間で、
対ドルの円相場が8円も下がりました。

FXに興味のある人はご存じだと思いますが、1円幅の
動きで資金が倍になるかゼロになるという為替相場で、
これほどの短期間に8円もの値動きは、かなりの異常事
態なのです。



FXなんて興味がない人にも、急激な円安は直撃してき
ます。輸入品が高くなるのです。

一方、輸出産業は為替差益だけでも儲かります。

しかし、損をするにせよ得するにせよ、あまりに急激な
為替の変化というのは、安定した経済活動を阻害してし
まうのです。

なぜなら、損した人は当然停滞しますし、得した人は、
もっと大きく変化してくれないかと希望的な観測のあま
り、売り惜しんだりタイミングを見誤ったりするからで
す。



トランプ氏が実際に就任する年明けには、反動があるか
もしれません。

必ずどこかで落ち着くのが相場という生き物なのですが、
トランプ氏の実態が明らかになるにつれて、落ち着くと
ころに落ち着くのでしょう。

市場は過剰反応しすぎですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:円安
posted by 子竜 螢 at 23:01| Comment(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

教科書のマンガ化

小学生のときに習ったものが基礎となり、それ以後の
進学や就職試験などに生かされます。

でも、小学生レベルの問題が解けない大学生がいたり
して、日本の教育制度はこれでいいのか、と思う部分
が多々ありますね。



もしも小学校の教科書がマンガだったなら、予習復習
がもっと楽しくなるに違いありません。

いや、教科書でなくてもいい。教科書の補助教材とし
て、マンガにしたものを出版できないものかと思うの
です。



私事で恐縮なのですが、微分積分をまったく理解しな
いまま高校を卒業してしまいました。

ところが、40歳くらいの頃に、古書店で偶然に見つけ
たマンガ本に微分積分のことが詳しく描かれていたの
です。

先生と生徒の二人が登場して、生徒があれこれと質問
をしますと、先生が例を用いたりしてわかりやすく解
説しているのです。

そして、実際の世の中で微分積分が何に応用されてい
るのかまで、ちゃんと書かれていたので、理解が一気
に進んだことを覚えています。



小学生ならとくにです。活字だらけの教科書よりも、
マンガ化された教科書のほうが馴染みやすいと思う。

国語の長文は別としても、長文例のほかの部分はマン
ガ化できるのではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:教科書
posted by 子竜 螢 at 14:40| Comment(0) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

貯蓄よりも貯金する

貯蓄といいますと、マイホームの頭金を何年間かで溜め
ようとか、子供の成長に合わせて学資にしようという目
的型が一般的ですよね。

しかし、予想外の出費がちょくちょくあって、予定通り
にいかないのも貯蓄というものにまつわる現実ではない
でしょうか。



そもそも、貯蓄に回せるほどの余剰金があれば、という
話でして、一般ピープルは消費増税や社会保障料の負担
増などで大きな金額目標の貯蓄なんてできないのが現状
です。

いろんなところのアンケートや統計を見ましても、貯蓄
額がゼロという人は三割弱ほどいるのです。

そういう人は、チマチマと貯蓄していても間に合いませ
んから、貯蓄するよりも投資にまわしたほうがいいかも
しれません。



でも、意外にお金が溜まる方法はあります。貯金です。

以前に500円玉貯金のことを書きましたが、実践してみ
た知人に聞いてみますと、半年ほどで5万円以上になっ
ていたとのことです。

買い物をしてお釣りに500円玉があれば、使わずに貯金
箱に入れるだけの方法ですね。



いや、それすらムリという人には、小銭貯金がオススメ
です。

一日の終わりに、財布の中に残っている小銭をすべて貯
金箱に入れてしまうのです。

これを一ヶ月間やってみましたところ、3万円弱にもなり
ました。何かを我慢したり節約するという意識がまったく
なかったにもかかわらずですよ。

チリツモの凄さを思い知らされたのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:貯金
posted by 子竜 螢 at 10:00| Comment(2) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

時給1500円が実現すると

最低賃金は都道府県ごさに決められています。地域の
実情に合わせて、毎年見直されるものです。

最近、労働団体などが最低時給1500円を叫ぶように
なってきました。1000円ですら実現していないのに
1500円というのはどういう意図なのでしょうか。



時給が上がると製品の価格に人件費が転嫁されるので
同じことではないか、と思うかもしれませんね。

生活が楽になるわけではない、と断じている人は多い
かもしれません。

しかし、経済の連動性の観点からしますと、大いに意
義のある賃上げとなるでしょう。



まず、ローンを抱えている人は、返済がとても楽にな
りますから、消費に回すお金が増えます。

消費が増えると消費税収が国に入りますし、アップし
た賃金分の所得税も増収になります。地方税も増収に
なりますので、国や自治体の赤字は確実に減るのです。

個人事業主だって、世の中の景気が良くなれば仕事が
増えて増益になるでしょう。



肝心なのは、下請け業者に価格転嫁への妨害をさせな
い法律を作ることです。

刑事罰も含めた厳しいものにして、消費増税のときの
ように価格転嫁をスムーズにしたなら、問題は生じな
いでしょう。

安倍総理が最初に提唱したことだと記憶しております
が、早く実現に向けた動きをしてほしいものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:最低賃金
posted by 子竜 螢 at 16:32| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

トランプVS習近平

ドナルド・トランプ氏の大統領選挙当選は、当たり前
ですが、世界中の外交と経済に影響を与えました。

日本でも対ドル為替相場と株式市場が乱高下しまして、
週明けに落ち着くのかどうかが焦点となっております。

国際的にもっとも大統領選挙の行方を注視していたの
は中国です。南シナ海問題に新しい大統領のアメリカ
がどの程度関与してくるのか、気になるところでしょ
うね。



ところが、米中両国は、早くも食い違いを露呈させま
した。

中国国営のメディアは、習近平国家主席がドナルド氏
に電話で祝辞を述べたと発表したのですが、トランプ
氏は強く否定しました。側近の報道関係者も、そのよ
うな事実はないと否定しているのです。

これはどういうことなのでしょうか。

両国間のこれからにとって大切な挨拶を、片方はした
と言いもう片方はしていないというのです。



トランプ氏は選挙中にずっと言っておりました。中国
の貿易関税のあり方は、アメリカをレイプしていると。

民主党よりも内向きで共和党の候補らしからぬ発言が
続いていたトランプ氏でしたが、中国に対する発言だ
けは、終始辛口だったかと思います。



いやはや、まだ就任前からこのような食い違いがあっ
ては、米中関係は早くも嫌悪そのものでしょう。

本当に祝辞のひとつも述べていないとしたなら、就任
後の対中政策は厳しいものとなるでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:06| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

誰をも信じられなくなったなら

長い人生の間には、信頼していた人から裏切られること
が何度かあるものです。

損得勘定でものを考える人ですと、あなたよりも得にな
る人のところへ簡単に寝返ったりします。これは恋愛に
関してとくに多いのではないでしょうか。



だからといって、人間不信に陥ったり異性を嫌いになっ
てしまう必要などありません。

なぜなら、すべてはあなたの勉強不足や経験不足が招い
た結果なのでして、裏切った人をいくら罵ってみても、
根本的な解決にはならないのです。

つまり、あなたが強くて頼りになる人物へと変貌しなけ
れば、裏切りを繰り返し受けることになるでしょう。



幸いなことに、2000年も前に記された貴重な教えがあり
ます。孫子兵法です。

孫子自身が伝えていますように、兵法とはいっても戦い
に勝つためだけの教科書ではなくて、むしろ磐石な地位
と謀略を未然に防ぐための教えなのです。

日本語の訳と解説を加えたものが書店で販売されており
ますので、対人不信に陥っている人は、自分に何が欠け
ていたのかよくわかると思います。



敵を知り己を知れば百戦危うからず。

相手のことはよく観察しますが、自分のことを思い込み
だけで実態を客観的に把握していないと、必ず負けると
いう教えですね。

両方を知っていれば、必ず勝てるという意味です。ビジ
ネスでも恋愛でもです。

孫子兵法を愛読書にしてみませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:孫子兵法
posted by 子竜 螢 at 11:35| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする