2016年11月04日

アメリカ大統領選挙

アメリカの大統領選挙まで数日に迫ってきました。

どちらの党が、誰が大統領になるのかで日本の政治姿勢
に影響が大きいため、他国のことだと見過ごすわけには
いきません。



候補者は、民主党のヒラリー・クリントン氏と共和党の
ドナルド・トランプ氏による一騎打ちです。

国民の直接選挙ではなく、州の人口に比例配分されてい
る選挙人の獲得で当選者が決まります。

勝った州の選挙人数を総取りできる点も独特なのですが、
国民の支持率とは反対の結果になることも過去にはあり
ましたし、総得票数に対する逆転現象もしばしば存在し
てきました。



アメリカ人の友人が言うには、今回の大統領選挙では、
正直言って、どちらもなってほしくない候補なのだとか。

これは多くのアメリカ国民が感じていることらしく、ク
リントン氏と党の代表候補を争ったサンダース氏がもっ
とも政治手腕に優れており、日本のためにもよかったの
ではないかと話してくれました。



ともあれ、日本にとって関係のある政策として、TPPと
中国への包囲網があります。

果たして、当選者は実際にどのような姿勢で臨むのでしょ
うか。

いや、その前に、どちらが当選するのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大統領選挙
posted by 子竜 螢 at 12:47| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする