2016年12月31日

今年もありがとうございました

2016年も残りわずかとなりました。

当ブログにはたくさん訪問をいただき、多くのコメント
を頂戴いたしました。ありがとうございます。



2017年はどんな歳になるのでしょうかね。

それはきっと、トランプ大統領次第なのかもしれません。
が、まだ実態がよく見えないトランプ氏に、世界中のメ
ディアが苛立っているように思えます。

本当に中国との対立路線でいくのか、といえば、そう簡単
ではないでしょう。アメリカ自体には何のメリットもない
からでして、貿易面での不均衡だけが問題なのです。



一方、日本はといえば、安倍政権が世界で一番安定してい
ると言われているだけに、ちょっとやそっとでは揺らがな
いでしょうね。

ただし、自民党内や公明党内での抵抗勢力を排除するため
の衆議院解散は、来年のどこかでありそうです。



本年は誠にお世話になりました。

来年も当ブログをよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:大晦日
posted by 子竜 螢 at 18:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

除夜の鐘

除夜の鐘がうるさい、という意見がSNSに投稿されて
から、この問題がネット全域に広がりつつあります。

そのせいでしょうか。除夜の鐘をつくのをやめてしまっ
たお寺や、夕刻に早めるお寺が出てくるなど、わけのわ
からん事態に発展しているようですね。



除夜の鐘は108の煩悩を払い落として、サッパリとした
気持ちで新年を迎えようという日本恒例の行司です。

宗教的な意味合いもあるにはありますが、大勢集まって
カウントダウンを合唱するほうがうるさいと思いません
か。



折りしも、水滸伝の動画をすべて見終えたところでした。

総勢108人の英雄豪傑たちが108の鐘として象徴されてい
るのかと感慨が募ります。

年に一度だけのことです。どうしても我慢できないので
しょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:除夜の鐘
posted by 子竜 螢 at 10:13| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

真珠湾攻撃は職務怠慢の結果

安倍総理が真珠湾へ赴いて慰霊をしたのは、日米外交に
とって有益だったと思います。

オバマ大統領の広島訪問への返礼的な意味もあったので
しょうけれど、日米両国ともに真の意味であの戦争を終
わらせたのです。



ところで、リメンバー・パールハーバーという合言葉が
当時のアメリカで叫ばれました。

宣戦布告なき日本からの攻撃への報復を訴えたのです。



しかし、純粋に軍事的な観点からしますと、ハワイにい
たアメリカ軍人たちの職務怠慢でしかありません。

なぜなら、アメリカのほうから宣戦布告に等しいハルノ
ートなるものを突きつけておきながら、何の警戒もして
いなかったのですからね。

しかも、日本軍の攻撃隊を45分も前にレーダーで捕捉し
ておりましたのに、こんなところまでジャップが来れる
はずはない、と断定し、味方の航空隊だろうと日本軍の
実力を舐めていただけなのです。

さらには、日本軍が2時間も前にマレー半島へ上陸作戦
を開始したという報告が、インドネシアのオランダ軍経
由でハワイへ転送されていたことが確認されています。



軍人たるものは、いついかなる時でも自分の部隊が不意
を食らって全滅させてはいけません。警戒心を常に保ち
推測での判断をしてはならないのです。

レーダーに反応した航空隊へ、念のために味方かどうか
と通信を試みていたなら、奇襲は間違いなく失敗してい
たことでしょう。

リメンバー・パールハーバーという合言葉は、本来、軍
人職務の怠慢を戒める言葉でなくてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:真珠湾攻撃
posted by 子竜 螢 at 11:02| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

中国の空母が南シナ海へ

中国の空母遼寧が、南シナ海を経て西太平洋に進出した後、
訓練を行うという発表がありました。

同行しているのは、ミサイル巡洋艦が1隻とフリゲート艦
が2隻といいますから、なんとか艦隊としての格好だけは
保っているようです。



空母遼寧はロシアのミンスク型空母ワリヤーグを購入した
ものでして、建造された時期はベトナム戦争あたりですし
とにかく古い。

現代の戦闘機には格納庫もエレベーターも小さくて、専用
機はまだ開発中なのです。

おまけに、動力音がバカでかくて、潜水艦に狙われやすい
上に、ジャンプ台のような艦首側の飛行甲板が上に向けて
湾曲しているのは、カタパルト射出ができないからです。

カタパルト射出ができなければ、寸刻を争う迅速な航空機
発進はできません。



まあ、アメリカの空母を脅威と感じての真似行為なのでしょ
うけれど、おそらく、遼寧の存在を脅威に感じている海上
自衛隊の幹部は誰一人としていないと思います。

実質的には航空機運搬船。ヘリ空母としたほうがまだしも
実用的なのではないでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:空母遼寧
posted by 子竜 螢 at 21:21| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

大工の第九

年末の恒例行事にはいくつかあります。清水寺の漢字ひと
文字や今年の十大ニュースなど、いろいろありますね。

ベートーベンの第九コンサートも、いまではすっかり年末
の恒例行事として定着しました。



第九が年末に演奏されるのは日本だけだといいますが、な
ぜ第九なのかは知りません。

でも、年末にふさわし曲として、これ以上のものも知りま
せん。紅白歌合戦の裏番組で第九のコンサートを放送して
いるのなら、迷うことなく第九を聴きたいと思います。



地元でも毎年第九のコンサートがあるのですが、合唱団員
をずっと前から募集していまして、今頃は最後の仕上げに
オーケストラとの合同練習をしているのでしょう。

今年は知人で大工をしている男性が合唱で参加するという。
まさに大工の第九なのですが、本人も笑っておりました。

しかし、一生に一度は年末第九に参加したかったとのこと
でして、晴れやかな気分で近年を迎えることでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:第九
posted by 子竜 螢 at 20:17| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

噂の8時間ダイエット

年末年始にかれて、これからお酒を飲む機会が増えたり、
ご馳走を食べる機械が多くなったりしますよね。

今ネット上で話題になっている8時間ダイエットを知って
いれば、飲食を制限しなくても済むかもしれません。



8時間ダイエットとは、一日24時間のうち、食べていい
時間帯を8時間以内に限定するという方法です。

8時間以内なら何食食べても何をどれだけ食べても大丈夫
といいますから、本当だろうかと心配になるほどです。



しかし、多くの人が一ヶ月で2キロ程度減ったそうなので
効果のほどは立証されているのでしょう。

たとえば、朝食が朝の7時で夕食が晩の7時だとしますと、
12時間食べたことになります。

それを8時間以内にすることで、消化器官の疲労が回復さ
れて、栄養の吸収がよくなるそうです。



ただし、朝食抜きダイエットと違う点は、晩御飯のあと
に夜食は摂れません。獲ると8時間を超えてしまいます。

栄養バランスが心配な方は、マルチビタミンなどのサプ
リメントを併用しながら実践してみてはどうでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:08| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

GDP27位の日本

日本のGDPはアメリカと中国に次いで世界第三位です。

しかし、国民一人当たりでみますと、27位と低迷している
のですが、戦前の1939年をモデルに計算した人によります
と、世界で第六位だそうなので、少々驚かされます。



以前は国民総生産のGNPという経済指標が用いられてお
りました。海外へ進出している企業の分も加えたものです。

しかし、グローバル経済の世の中となって、その指標では
国内の実態とは合わなくなってきたので、国内総生産であ
るGDPが経済指標の主流となりました。

これには日本へ進出している外資系の企業生産も含まれま
すので、国内の景気を表す指標としてはより現実味があり
ます。

でも、それを人口で割り算するというのは、いかにも乱暴
なことではないでしょうか。その結果が世界で27位だから
です。



日本へ進出している外資系企業の分も人口で割り算。しか
も、研修生などの名目で出稼ぎに来ている安月給の外国人
の分まで人口で割り算をしています。

一方、大手の製造業は人件費の安い国に工場を移していま
すので、GDPですら実態に合わなくなっているのではな
いでしょうか。



国民一人当たりの数値を求めると、老人大国になりつつあ
る日本はかなり不利でしょう。

日本人の生産性が落ちているという指摘は、計算の基準が
間違っているとしか思えませんね。

実際に働いている人の数で割り算をしたなら、おそらく日
本はトップではないかと思います。

なぜなら、おもてなしの心による付加価値が、他の国とは
比べものにならないほど違うのですから。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:37| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

打ち子バイトというサギ

毎日メールをチェックする度に思うことは、詐欺メールの
多さです。

変なサイトに登録した覚えなどないにもかかわらず、同じ
メールが何通も届きます。



もっとも多いのが、未亡人があなたに経済支援をします、
という出会い系サイトからの勧誘ですね。

いや、出会い系ならまだいいのですが、明らかに架空の話
で、四億円を支援するなどと書かれていますから、笑って
しまいますね。



二番目に多いのが、打ち子のバイトをしませんか、という
誘いです。

しかし、これは完全にサギでしょう。登録するのに準備金
などを請求されたりしそうですし、そもそも、打ち子など
公開で募集するものではありません。



打ち子とは、パチンコ店のサクラ客です。

大当たりが頻繁に出る台でずっと打ち続けるバイトですね。

そんなサクラを公開で募集しているはずがないのです。が、
打ち子というバイトは確かに存在しています。知人がかつて
やっておりました。

とはいえ、店長ととても親しい間柄だったからでして、見ず
知らずの人間が採用されるはずはありません。



打ち子自体は違法ではありませんが、バレると店の評判にか
かわるだけに、極秘裏に採用するものです。

そんなメールは即座にゴミ箱ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:打ち子
posted by 子竜 螢 at 21:53| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

もんじゅの廃炉

福井県敦賀市にある高速増殖原型炉のもんじゅが、ついに
廃炉にされるようです。

政府の原子力関連閣議で承認されたものでして、これまで
1兆円をつぎ込みながらほとんど成果を上げられなかった
税金食い虫が退治されることになりました。



使用済みの核燃料を、発電をしながら再生するという夢の
ような取り組みだったのですが、今後も莫大な費用の捻出
が懸念されるため、どこかで見切る必要がありました。

今後30年をかけて、3500億円という廃炉費用のもとに解体
されるようです。



三人寄れば文殊の知恵と申しますが、関係者が何百人も集
まって知恵を出し合いつつも、これ以上の進展が見込めな
いということになったのでしょう。

しかし、福井県の西川知事は廃炉に反対しています。国か
らの補助金が減るからです。

とはいえ、福井県だけのために、成果が望めないものへ多
額の税金を投入し続けるわけにはいかないでしょう。

政府の英断を支持いたします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:もんじゅ
posted by 子竜 螢 at 18:00| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ネタバレ会話は慎重に

久しぶりに大型のコーヒーショップへ出かけました。

読みかけの小説を読書しつつ、本格コーヒーを味わった
わけなのですが、隣の席にいた女子大生とおぼしき二人
連れの会話に、思わずキレそうになったのです。



二人の会話は、ひそかに話題となっているミステリー作
品に関してのことでした。

今の小説を読み終えたなら買おうかと思っていたところ
でしたので、あやうく犯人がネタバレになる寸前で席を
立ち、帰ったのでした。



ブログをやっている人の中には、映画の評価を書いてい
る人がいますが、「ネタバレが嫌な人は、この先を読ま
ないでください」などと書いてあります。

書いてあると余計に読みたくなるのが人情というもので
して、やはりネタバレになる会話や記事は慎重に扱って
ほしいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ネタバレ
posted by 子竜 螢 at 20:33| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

久しぶりのラジオ出演

20年以上になるでしょうか。超久しぶりに富山県内全域
に放送されているKNBラジオに出演いたしました。

FMラジオたかおかの放送を狩猟してからでも3年経ちま
すので、上がりそうになり、噛みそうになりましたね。



あるコーナーのゲストとして呼ばれたのですが、子竜が地
元で小説の書き方を学んでおられるサークルの会員募集を
訴えさせていただきました。

アナウンサーの小林淳子さんとも久しぶりの対面だったの
ですが、スタジオがリニューアルしたばかりで、以前に出
演したときとは雰囲気が違っていて、戸惑いました。



まあ、富山県高岡市まで毎週月曜日に通える方なら誰でも
入会できますので、小説の書き方を学びたい人は、メール
フォームよりご連絡くださいませ。

あなたのご参加をお待ちしております。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:サークル螢
posted by 子竜 螢 at 21:16| Comment(0) | ラジオ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

水素水に効能はあるのか

少し前ですが、水素水なるものがブームになりまして、
いろんな会社からいろんなタイプの製品が出回りました。

しかし、効能を否定する意見もかなり出てきまして、本
当はどっちなんだと叫びたくなるほどです。



子竜なりに調べましたところ、水素水に活性酸素の除去
効能はほとんどないことがわかりました。

というのも、人体内の環境下では、水素と酸素が反応し
て水になることなどあり得ないのです。

もしもそういう化学反応が起きるなら、酸欠になるかも
しれませんよね。

通常の酸素でさえも反応しないのに、活性酸素はもっと
反応しにくいのです。



活性酸素というのは、呼吸で取り込んだ酸素のほんの一
部が変質し、細胞などを損傷させる悪者として認識され
てきました。

老化の原因も活性酸素だといわれておりますよね。

しかし、最近の研究では、活性酸素はむしろなくてはな
らないものだといいます。

なぜなら、免疫システムでも手に余るウィルスや菌など
を攻撃してくれるからなのです。



このように、活性酸素の除去を目的とした水素水には、
もともと効能が認められないばかりか、活性酸素に対す
る意識からして間違っています。

でも、なぜか我が家には、水素発生棒というのがあるの
だが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:活性酸素 水素水
posted by 子竜 螢 at 17:42| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

所有を根本から見直してみる

可処分所得が年々減り続けていますよね。その原因は、
給与が増額されない上に、社会保障費などの負担が増え
ているところにあります。

ならば、どこまで節約できるかといえば、節約できそう
な項目は、そう多くないのです。



家計支出のうち、もっとも大きなものは住宅と自家用車
の維持費ではないでしょうか。

どちらも毎年税金が課せられる上に、修理費用がバカに
はなりませんし、車検や保険料も必要です。



一方、賃貸生活になりますと家賃の負担ということにな
るのですが、よほどのことがない限り、家賃が値上げさ
れることはありませんし、建物の修繕は大家さんの負担
です。

また、自家用車の保有をやめて動力付きの自転車にしま
すと、健康にも良い上に、ガソリン代だって必要なくな
ります。

ある保険会社の試算では、自家用車の保有をやめると、
月額3万円が浮いてくるとか。

駐車場やガレージを借りているのなら、その分も上乗せ
ですから、バカにできない金額になります。



もちろん、住宅ローンを何十年も払っていく上で税金や
修繕費用がいずれは重なってきます。

賃貸なら好きなときに便利な場所へ引っ越すことができ
ますが、持ち家ですと近所との交際費用や役回りの引き
受け負担などもあるでしょう。



結論から申しますと、何も所有しないのが一番いい。

しかし、田舎で暮らすには両方とも必要なので、なかな
か勇気の要る選択かもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:住宅  自家用車
posted by 子竜 螢 at 20:34| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

まとめサイトの問題点

まとめサイトは同じテーマの記事を集めているので、読者に
とってはまことに都合がいいものです。

しかし、著作権を争訴訟問題にも発展しそうでして、とくに
NEVERまとめサイトが告訴されるようですね。



問題になっているのは、引用なのか転載なのかと言う点です。

引用というのは、大概部分を抽出して開設を加えたりするも
のなのですが、同じテーマの記事をまとめて転載しているだ
けなので、原告は無断転載だと主張したいのです。

子竜が著作権の点から判断しますと、LINEという会社が
運営しているこのサイトでは、まるごとの転載であって独自
の解釈や解説など一切付け加えられておりませんから、転載
にあたると思います。

しかも、著作権者に断らずに転載しているのですから、完全
な著作権法違反になりますね。



さすがにパクリの国の企業と言いたいところですが、転載さ
れたメリットもあるのは確かなことでして、裁判所がどうい
う判断を下すかは、予想がつきません。

個人でまとめサイトを運営している方は、気をつけたほうが
いいでしょうね。

やはり勝手に転載しますと、著作権法違反に問われて多額の
損害賠償を求められることだってあるわけです。

とくに著名人の記事ばかりを集めますと、訴訟されるリスク
は大きくなりますから、注意しましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:44| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

成功なのか失敗なのか

安倍総理の故郷に舞台を移してまでの日ロ交渉でしたが、
評価が真っ二つに割れております。

北方領土の返還に関する交渉が少しも進まなかったこと
での失敗説と、平和条約締結に向けた前進として捉えた
成功説です。



でも、多くの日本人は、不可侵条約を破って不法占拠さ
れている北方領土が返還されない限り、平和条約の締結
はあり得ないと考えていることでしょう。

ならば、3000億円もの経済支援は何のためなのでしょう
かね。疑問が残ります。



3000億円の経済支援は、北方4島の共同開発に使われる
とのことですが、北方4島が今以上に発展しますと、ま
すます返還される可能性が低くなってしまいます。

また、ロシアのクリミア併合による経済制裁は西側の歩
調を合わせたものだったはずなのですから、単独で勝手
に支援の約束などしてもよかったのか、と思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:40| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

戦艦大和の乗艦体験

戦艦大和をご存じでしょうか。

とはいっても、3年4ヶ月しか寿命がなかった巨大軍艦
でしたので、日本人のほとんどは現物を見たことがな
く、海軍軍人でも限られた人だけだったと思います。

我々が今日見られるのは、往年の写真とプラモデルく
らいだったのですが、なんとVR体験ができるように
なったといいます。

VRを開発したのは神田技研という会社で、クラウド
ふぁんでぃんぐの支援者向けに本日から配信されてい
るのです。



体験できるのは、46センチ主砲の内部や艦橋などで、
主砲の射撃訓練がプログラミングされているといいま
すから、これは凄い。

しかも、これは第一期の配信ということでして、第二
期やアップデートが予定されているらしいのです。



今日は戦艦大和が完成した日でもあります。

神田技研では、戦艦大和意外にも陽炎型駆逐艦の配信
もやるそうですし、対空射撃訓練も体感できるとのこ
とですので、マニアにとっては絶対に外せないVRに
なりそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:33| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

物量差で敗戦したという誤解

太平洋戦争の敗因として掲げられている理由はいくつか
ありますが、その中でもっとも有力なものが物量差です。

当時、アメリカの工業生産力は日本の30倍でしたから、
そのまま当てはめますと、たしかに物量差がもっとも大
きな敗因として浮かび上がってきます。



しかし、物量差を招いていた原因については、ほとんど
語られたことはありません。

現代でも、2倍の差があるのですから、原因を究明しない
ことには、真に日本の発展はないように思えます。

太平洋戦争の当時において、軍需産業の関係者だった人
に取材をさせてもらったことがあります。

その結果わかったことを、いくつか列記してみましょう。



日本軍の兵器は、航空機も含めて、ピカピカに磨き上げ
ないと戦地へは送られなかった。

精度を必要としない部分の部品でも100分の1ミリすら誤
差のないものを作り、見えない部分にもかかわらず丹念
に磨き上げられていた。

改良型の兵器を開発する際、従来部品の使用はまったく考
慮されずに、すべてが1からの生産だった。

アメリカの銃は、小銃も機関銃も同じ弾丸を用いるように
設計されており、銃弾が大量生産できたのに対して、日本
では、銃器ごとに小ロット生産をしていた。



以上のように、生産性が上がらないことをわざわざやって
いたのですから、物量差で負けるわけなのです。

が、この最大の敗因こそが物づくり日本の戦後も支えてき
たのですから、痛し痒しといったところでしょうか。

外からは見えない部品でも、早期の腐食を防ぐために丹念
に磨き上げられている製品は、おそらく日本製だけなので
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:太平洋戦争
posted by 子竜 螢 at 16:37| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

オスプレイの事故

昨日の夜、夜間飛行訓練をしていたとみられるオスプレイが
海上へ不時着するという事故がありました。

在日米軍の滞在に反対という人にとっては好都合な事故なの
かもしれませんが、ちょっと待ってください。



たしかに、アメリカ国内では何回も墜落事故を起こしている
のがオスプレイという特殊な航空機です。

ヘリとプロペラ機との両性を持つ特殊機で、うまく運用すれ
ば大変便利な機体ではあるのです。

問題なのは、ヘリモードから主動力の飛行モードへ変換する
際に起きる変調ですね。機体バランスをうまくとらないと、
事故に直結するのでしょう。



しかし、奇妙なことに、ネット上でオスプレイを禁止すべき
と主張している人の中に、原発推進派がいることです。

また、カジノはダメでもパチンコを禁止にせよとは言わない
人も、おられるから不思議ですね。



今回の事故は不時着であって墜落事故ではありません。

なぜなら、乗員に死者はなく、2名が軽い怪我で済んでいる
からです。

よく考えてみましょう。車の運転を習い始めたとき、あちこ
ちぶつけたり脱輪させたことはあるでしょう。そのための訓
練であって、ベテランのオスプレイパイロットが起こした事
故ではないのです。



とはいえ、沖縄の人々にとっては、いつ素性から落ちてくる
のかと心配なことでしょう。

しかし、訓練飛行だからこそ海上で行っていたのであり、今
回の事故に限っては、目くじらを立てるほどのこととは思え
ません。

民間機だって事故を起こしますし、自家用車の事故は日常的
なのです。

ただし、子竜が原発だけに反対しているのは、事故発生時の
被害の大きさが比較にならないからなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:オスプレイ
posted by 子竜 螢 at 18:45| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

今年の漢字は「金」

毎年、京都の清水寺で発表されます一年を表現した漢字
に、「金」が選ばれました。

この漢字が選ばれたのは、2000年、2012年に次いで3回
目となりますが、いずれもオリンピックの開催年にあた
ります。



かといって、金メダルの獲得だけが印象的だったのかと
いえば、そうではありません。

金銭の流れに関する不透明な問題も浮上してきました。

豊洲の土地購入費用や東京オリンピックの開催費用など、
納税者にとっては無視できない話でしょう。



また、北朝鮮の金正恩氏が水爆実験をやったりミサイル
発射実験を続けたりで、脅威は年毎に高まっております。

さらには、年金法案や配偶者控除の見直しなど、お金に
まつわるいくつかの法律が審議されましたし、カジノの
推進法案も可決いたしました。



もちろん、金メダルを獲得した選手たちにはあらためて
拍手を贈りましょう。

明るいニュースが少ない中で、頑張ってくれたのですか
らね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:金メダル
posted by 子竜 螢 at 20:33| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

ふたつの中国

これまで、台湾は中華人民共和国の一部として国際的には
認知されてきました。国として承認されてはおりません。

しかし、トランプ次期大統領は、そういう中国側の言い分
に対して異議を唱え、早くも台湾側と電話会談をするなど
積極的な動きを見せております。



もちろん、中国側はアメリカとの態度に強い抗議を示した
のですが、貿易や為替の不均衡などに不満を感じているト
ランプ氏には、中国の言い分など聞く耳を持たないようで
すね。

南シナ海問題に対しても、オバマ政権よりも強硬な意見を
連発しております。



ひとつの中国という考え方は正しいのでしょう。もともと
はひとつだったからですね。

ただし、元は台湾の中華民国であり、大陸の共産党政権は
武力革命の途上にあるというのが実情なのです。

つまり、アメリカや日本にしてみると、武装勢力だった今
の共産党政権を支持することは、世界のテロ組織や武装勢
力の撲滅を目指す感化えと相反するわけでして、トランプ
氏の考えが正当なのです。

この考え方を推し進めているのが台湾の国民党でして、ひ
とつの中国を目指しています。

一方、民進党はふたつの中国を目指しており、台湾の独立
が悲願です。



台湾の二大政党が掲げているのは、いずれも大陸側の下に
はいないぞ、という気概です。

来年は、どうやら中国問題で世界が大きく揺れそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:台湾 中華民国
posted by 子竜 螢 at 11:40| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする