2016年12月09日

休眠預金活用法

10年間という長い間、一切の出し入れがなくて口座の
名義人に連絡が取れなくなった預金を、休眠預金と称
しまして、これまでは銀行側の雑所得として処理され
てきました。

今回国会にて成立しました休眠預金活用法では、全部
を一旦集めて、NPOやボランティア団体に配分され
ることになっています。



休眠預金がどれくらいあるかといいますと、毎年1000
億円も発生しています。

もちろん、名義人から返還の請求があればお返ししなく
てはならない性質のものですので、全額を配分してしま
うわけにはいきません。

しかし、ほとんどの口座名義人の所在がわからなくなっ
ている現状では、返還の心配はほぼゼロでしょう。



ならば、かつての郵便貯金のように、没収してしまうほ
うがスッキリしていてよいのではないかと思います。

いつまでもデータとして残しておかなくてはならないの
ですから、国庫に編入してしまうほうがいい。



それはともかく、毎年1000億円もの金額が動くとなりま
すと、配分を求めた綱引きが激しくなりそうですね。

配分の基準つくりを巡っても、思惑が交錯して新たな争
いが生じかねないでしょう。

いっそ、子供手当てを増額するとか、出産祝い金に充て
るなど、少子化対策にでも使ってみてはどうだろうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:休眠預金
posted by 子竜 螢 at 17:01| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする